スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中湖ロードレース

5月27日は私にとって2度目の山中湖ロードレースでした。

1度目の昨年は、嵐の中を走り、プールの中みたいでした
しかし、今年は晴天
富士山を見ながら走ることができました。

今回、師匠は膝が不調で欠場。
応援のために、マラソンバスで一緒に山中湖まで

そして、師匠のマラソン仲間も一緒で、4人は旅行気分でした

無題

私みたいな出場の仕方は、本当はダメです。
皆さんはマネしないでくださいね~
練習の時間がとれなくて、今回は初めて練習なしで臨みました。

景色を楽しみながら走りたければ、
湖一周が一番
折り返し地点がある大会は、あまり好きではありません。
(そのほうが圧倒的に多いんですが…)

富士山が青空に映えて美しい

山中湖2012.05.27-2  山中湖2012.0527-1
走りながら撮影したため、曲がってしまいました
でも、臨場感あるかも~~~

青空の中の富士山も綺麗ですが、
新緑も最高です
同じ新緑でも、山で見る萌黄色と湖の脇の萌黄色の味が違う…
湖の水がスパイスの役割をしているからでしょうか
そういえば、天井の広さも違うんですよね~


山中湖一周は、アップダウンはあまりありませんが、
途中、1kmほどの上り坂があります。
もう一か所は、最後に会場に戻るために湖から右に曲がった道が直線の上り坂。
これが、一番キツイです

最後の坂では、もーー歩いちゃおうかな~?
歩くなら師匠が見ていない場所
な~んて思いながら走っていたら、
坂道の途中で師匠がカメラを持って声をかけてくれました
瞬間、顔が歪んだかな… 
そんなこと、どうでもよくなっていました。
最後はゴールすれば、それでいいって感じでした。

ゴールでタイムを見たら、あれれ?
去年よりも早かったみたい。。 ホントかな???
じゃあ、練習する意味ないね


完走の後は、やっぱり
スポーツを通じて知り合えたことに感謝して
知り合ったばかりのお友達と一緒に乾杯です

ノイバラの成長

楽しみにしていた雲取山ですが、
雷が心配だったので、中止となりました。
残念ですが、山は逃げずに待っていてくれるので
次回を楽しみにしています

昨年の今頃、ブログで庭のノイバラのお話をしました。
16年ぐらい前に、多摩川の河原でいただいてきた種を蒔き、
やっと花を咲かせたノイバラです。
昨年は、花の数があまり多くなかったのですが、
今年は、見事にたくさん咲きました。見てください
RIMG0168.jpg  ノイバラ3 (1)  ノイバラ3 (2)

ずーっとチュウレンジバチに葉っぱを食べられて、
大きくなることができなかったのですが、
こんなにたくさんの花を咲かせるようになりました。

そして、去年はほとんど来なかった昆虫も来てくれました。
ノイバラのそばに行くと、「ブーンブーン」と羽音が聞こえます。
ヒラタアブ ハナアブ マルハナバチ ハエの仲間
撮影失敗しましたが、クマバチはひときわ大きな羽音で訪れました。

あまり好ましくない虫たちも、みんな仲間だから受け入れます
アブラムシアブラムシの甘露に誘われてアリが来ました アリ

一昨年までノイバラを独占してきたチュウレンジバチもやっぱり来ています。
チュウレンジバチ  ムシャムシャムシャ…美味しそうだね~
バラのお蔭で生きている君たち、バラに感謝してるのかな

これだけは許してーと言いたいのですが、仕方ないっか
痒いよ~~~カ

息子が小学校の低学年だった頃、『ノイバラと虫たち』という絵本を読んで、
多摩川尾河原で種を見つけ庭に蒔いたものです。
この作者によると、44種類の昆虫・クモが来たそうです。


そして、今年…アブやハチの仲間はだいぶ来ましたが、
テントウムシやクモが来るといいな~と思い、
ビオトープ管理に詳しいお友達にちょうど相談したところでした。
朝、ノイバラの枝に丸く黒いものが見えました。
よ~く見ると ナミテントウでした
美味しいアブラムシを見つけてきたのでしょうか
どうぞ、食べて行ってくださいませ

こんなことを15年以上もやって、
青森のリンゴ農家さんを思い出しました
農薬漬けの農業から無農薬への道のり、『リンゴが教えてくれたこと』です。
絶対不可能と言われていた無農薬のリンゴが実るまで
辛抱強く闘ったお話です。
木村さんの農業への思い、自然観は、消費者である都市生活者も
是非、心の中にしまっておきたいです。

自然には何一つ無駄なものはないという思いは
農業に携わっていない私たちにも大切な考え方であるはずだからです。


   








  

小鳥にも庭を 3月

春が近づきました。

庭のシュンランが、知らないうちに花開いていました。
葉っぱに似た色なので、気づかないんですよね。
シュンラン
目立たないのは色だけじゃなく下向きに…
でも、ひたむきに咲いています。

最も気づかれないのは、カンアオイです。
ラフレシアを思い出させるような、不思議な植物。
地面に埋もれるように咲きます。
カンアオイ  カンアオイ

この前、天ぷらにしたフキノトウ、
一つ取り忘れた花が咲き始めました。
この子だけは、咲かせてあげよっと
フキノトウ


この冬から、お庭を小鳥のために
少しずつ変えていくことにしました。
日本鳥類保護連盟が始めた『バードピア』運動です。
↓ここをクリック
バードピア
活動にご興味のある方は、ご参加ください。

小鳥のためといっても、もちろん他の生きものも棲んでいます。
小鳥が棲める環境は、植物も動物も棲める、豊かな環境です

冬の間、都会では小鳥たちの食べ物が不足しがちです。
だから、リンゴを木に刺しておきました。
リンゴ  ⇒  メジロ
メジロやヒヨドリが毎日食べに来ます。
毎日来るから、自然の素材がいいですね。

シジュウカラ用には、スダジイの実を置いておきます。
スダジイをくわえて木の枝に持って行って、
隠れて「トントントン」と殻を割ってついばみます。

都会の鳥たちが最も欲しがっているのは、水場です。
野鳥は毎日水浴びをしないと、病気になってしまいます。
冬でももちろん、水浴びします。
我が家のお風呂でメジロが水浴びするのを見ました
さすがに、写真は撮れませんでした こんなお風呂です。
水場

石が敷いてあるのは、一目で深さがわかるように…です。
一度、植木鉢に乗って様子を確かめてから、水浴びをします。

繁殖のために巣箱もかけます。
巣箱
この巣箱は年季が入っているんですよ~
私の住む区の区鳥さんがシジュウカラなので、
モニターとしていただいたものです。

この他、鳥が好む木の種を植木鉢に蒔いて
芽が出るのを楽しみに待っているところです。


この運動が広がれば、巣箱をかけたり餌台を置いたりしなくても
自然のもので賄えるようになるでしょう。
本当は、巣箱も餌台もいらないものですから。

公園や神社仏閣、街路樹にも手伝ってもらい、
緑の回廊をつなげていけば、
生きものが移動できる空間が広がり、
都会でも命を育むことができるようになります。

そんな日を夢見ています

都会の庭の生物多様性って?

夏は植物の成長が旺盛です

芝生に覆いかぶさるように、      クワもどんどん伸びるので
メヒシバが元気モリモリ       伐りました。
メヒシバ         クワ

メヒシバは、乾燥した堅い地面にもしっかり根を張って逞しいです。
根から抜こうと頑張ったので、指の先が痛~~くなりました

これでスッキリした気分

でも、ちょっと待って…メヒシバをたくさん抜いてしまったら
まだ成虫になっていない、羽の生えていないオンブバッタが
行き場を失って、たくさん出てきました
オンブバッタ

そうか、君たち今まで、ここで生活していたんだ…
バッタはイネ科が好きだったね。こんなのも好きだよね?
エノコログサ


成長の速いクワ、いつも困るんですよ~
伐った枝をまとめて置いていたら、
その中からこんな生きものが出てきました。
アカボシテントウ   ハラビロカマキリ

まるで宝石のようなアカボシテントウ。黒い宝石の中に
赤い宝石が埋め込まれているみたい
今日一番のお気に入りです
急いで逃げたハラビロカマキリも、まだ羽がない幼体です。

ふと、そばのマンリョウに目をやると、暑い日の光を避けるように
隠れているアオドウガネ みぃ~つけた
アオドウガネ

私が種から大切に育てたカラタチがピンチです
アゲハチョウ幼虫
ほとんど葉っぱがないじゃないか
しかも、2匹で喧嘩してるのは、餌の取り合い

そうだね、君たちが生きていくための餌が足りないんだね、東京には。



だから、草むしりと枝伐りを、ここでやめました。

伐った枝は、庭に置いておこう
コオロギたちの棲家になるから。枯れ枝

生えてくる木や草をそのままにしていたら、
庭は大変なことになります。
それでも、やっぱり、人間以外の生きものも大切だから
人間以外の生きものも棲める場所を残しておかないと。
できるだけ、お互いが困らないように
工夫することが大切。

ニガウリが実り、昨日の夕食にもいただきました。
ニガウリの雄花   ニガウリ

充分な水と太陽の光と、花粉を運んでくれる昆虫がいるから、
私たちは自然の恵みをいただくことができるんですね。

自分の都合だけで生きていると
きっときっといつか、しわ寄せが来るんだと思います。

美しいものだけでなく、名前の知らないような
小さな生き物も大切にしたいです

それが、生物多様性を守ること・・・









これも多様性  …似ているけど違う…

自然界には同じものかと思っても

兄弟だったり、親戚だったりするものがあります。

似ているけど、どこかが違う


去年ぐらいから庭の芝生にニョキニョキと芽を出す植物を発見

こんな葉っぱ葉っぱ

そうか カンパニュラの種が飛んだんだ

カンパニュラの葉っぱはこれ葉っぱ

それで今年の早春、花壇に移植しました。

ところがところが

咲いたのはカンパニュラではなく、ホタルブクロだったのです。

咲いた花

これは、別のお宅に咲いていた、我が家と同じカンパニュラ
カンパニュラ

そういえば、両方ともキキョウ科。親戚です。

で、今度は咲いた花の萼片をよ~く見ると

ホタルブクロと兄弟?のヤマホタルブクロでした。

その違いは、ホタルブクロは萼と萼の間に
細い三角形の副萼片が反り返っているのに対して、
ヤマホタルブクロは萼片が膨らんでいるだけで
反り返るものがないことです。

ホタルブクロ萼片 ヤマホタルブクロ萼片
   ホタルブクロ       ヤマホタルブクロ

そんなの、どーでもいいじゃないかー
ホタルブクロなんだから~

と思いますよね~
ただ、自然界は多様なんだとわかっていただければ嬉しいです


話はかわって、お花屋さんを通りかかったら
「センノウ」と書いた苗を売っていました。ナント、150円也
私が大好きな「フシグロセンノウ」にとっても似ています。
思わず購入し、家で調べたら、
中国原産で古くから庭に植栽される、と書いてありました。

そして、両方とも同じ「ナデシコ科」、花弁の切れ込みが少し違います。

センノウ フシグロセンノウ
    センノウ      フシグロセンノウ
(フシグロセンノウは去年のブログ「秋を感じる瞬間」に登場)

しばらくは、センノウを堪能したのですが、
ある日、虫に喰われてしまいました~
虫食い

ここは日本なのに、中国から来たセンノウが好きな虫もいるんですね~
いったい誰でしょう? 姿は確認できませんでした~

植物の種類が多ければ多いほど
それに集まる昆虫も多くなり
豊かな世界ができるんです。

豊かな世界をつくる一員のセンノウを食べてしまった虫も
寛大に許してあげました

プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。