スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山植物

この週末、八ヶ岳に行ってきました。
でも、前回の山行のブログアップが終わっていないので、
今日は、北アルプスの唐松岳・五竜岳に行ったときのお話の続きです。

鎖場、雪渓など、初体験満載の山行で、
写真撮影は最小限にした山行でした。それでも結構カメラに画像が…

今日はそのご紹介。

冬の間に聞いたお話によると、日本という場所に高山植物があるのは

不思議

とのことなんです。
私たちは高い山に行けば高山植物に出会えると安易に思っていますが、
実は、日本の山は「高くない」
この程度の標高で高山植物があるのが奇跡
なのだそうです。

なぜ、あるか・・・
それは、複雑な地形と気象条件によるのだと知りました。
それを知ってから、高山植物を見る目がまた違ってきました。

その奇跡の高山植物、たくさん出会いました。

オオコメツツジ イワシモツケ キバナノカワラマツバ
 オオコメツツジ   イワシモツケ    キバナノカワラマツバ

イブキジャコウソウ ミヤマママコナ テガタチドリ
イブジャコウソウ    ミヤマママコナ  テガタチドリ

ムシトリスミレ チングルマ ユキワリソウ
 ムシトリスミレ   チングルマ      ユキワリソウ

シラネアオイ ミヤマダイコンソウ ミヤマクロユリ
  シラネアオイ  ミヤマダイコンソウ  ミヤマクロユリ

ミヤマクワガタ タカネスミレ コマクサ
  ミヤマクワガタ   タカミスミレ   コマクサ

チシマギキョウ ベニバナイチゴ ミヤマシオガマ
チシマギキョウ   ベニバナイチゴ   ミヤマシオガマ

イワツメクサ ミヤマアズマギク ハッポウタカネセンブリ
イワツメクサ     ミヤマアズマギク ハッポウタカネセンブリ

ハッポウウスユキソウ オオサクラソウ ハクサンシャクナゲ
ハッポウウスユキソウ オオサクラソウ   ハクサンシャクナゲ

早く歩かなければ、山荘に到着しないけど、もっとゆっくり観察したい…
そんなジレンマに陥りながら歩きました。

高山植物は「ミヤマ~」「タカネ~」「ミネ~」という名前や、
「ハッポウ~」「ハクサン~」「シラネ~」「チシマ~」「イブキ~」といった
地域の名前が多く見られます。
これも高山植物の特徴ですね。

高山植物の向こう側に聳え立つアルプスの山々、
そんな素敵な写真を最後に・・・
ハクサンシャクナゲと  コマクサと

次回は赤岳、横岳、硫黄岳です。






















白馬から八方山・八方池・唐松岳・五竜岳・アルプス平へ

今年最もハードな山行です。
それなのに、ロビンはあまり準備ができず、反省です
白馬駅からはゴンドラやリフトで楽ち~~ん(^^)
下りたらそこは楽園 白馬から
麓の町が小さく見えます。人工的な直線も、ここから見ると美しいフォルム
RIMG0921麓を望む

しかし、ここからが始まり。
まずは、八方池目指して歩きます。
アケビ RIMG0936.jpg RIMG0945.jpg
ケルンをいくつか通り、雪渓も現れます。アイゼン持ってきましたが、必要かな…

さて、八方池に到着!
周辺は高山植物いっぱい、池には遠く立山連邦等々映って美しい
RIMG0963.jpg
ハッポウタカネセンブリ ハッポウウスユキソウ
ハッポウ・・・と名のつく固有種もたくさん。しかし、今回は足に自信がないので、
写真撮影は最小限と心に決めています。

RIMG0972.jpg RIMG0982.jpg
雪渓を歩き、
RIMG0997.jpg
鎖場を登り、辿り着いたのは、17時近く。

唐松山荘で夕食を済ませたら、待望の夕日です。

RIMG1009.jpg  RIMG1013.jpg 夕日

山荘の窓から夕陽を見ていましたが、日没1時間をたってもまだ赤く見えました。
翌日わかったのですが、まっすぐに伸びた雲に見えたものは、
日本海の水平線だったのでした。
こんなにも近くに海が・・・驚きでした。 

次の朝は、3時45分に起床。4時から唐松岳山頂を目指します。
RIMG1012.jpg RIMG1024.jpg 
昨夜の夕日と逆の方向が明るくなり、山頂でご来光。
山頂 RIMG1036.jpg
今日も一日いいことがありますように
ロビンは哀愁に満ちた夕陽より、希望溢れる朝陽が好きです。

さてさて、ここからが大変でした~
朝食後、早めにスタートして、牛の首へ。
夜中から強風が吹き荒れていて、牛の首の鎖場は
やはり強風。初めての本格的な鎖場でしたが、
この風がロビンの恐怖感を増幅させました。
RIMG1041.jpg
三点確保しても、こわ~~~い
でも、もう戻れない・・・ロビンは頑張りました~
ここからは、ほとんど写真なんて撮る余裕なし。

五竜岳山荘に到着した時、足はガクガク…五竜岳は諦めてみるだけです。
五竜岳 また、来ます。

そして、雪渓を越えて、大遠見、小遠見・・・やっとアルプス平に辿り着けそう。
かなりキツイ山行でした。トレーニングする時間がなく
ここまで来られたのは奇跡かもしれない。
今度はちゃんとトレーニングしてこないと…反省です。
















梅雨時の高尾山

来週末は、唐松岳~五竜岳の山行。
トレーニングのため予定していた先週の土曜日は雨。
そして、今週末も雨
少しは山歩きをしておかないと…と切迫した気分、
でも、あまり険しいところに行くと、滑落が怖いので
軽めのトレーニングにしました。

行き慣れた高尾山。でも、季節が変わるともちろん山の様子も違います。
トレーニングと思いつつも、やはり周辺のものが目に入ってしまい、
梅雨時は雨が多いので、来たことがなかったかもしれません。

野鳥たちは子育てが終わった頃でしょうか…
キビタキの声が響き渡っていましたが、
中には幼い感じの声が混じっていました。
キビタキの他にもたくさんの声が聞こえましたが、木が茂っていて
姿を確認することができませんでした。

その点、植物は逃げないからゆーっくり姿を見せてもらえます。
アジサイ2種類。コアジサイを探したけど、見当たらず…
ヤマアジサイ タマアジサイ タマアジサイ2
ヤマアジサイ     タマアジサイ      タマジサイ蕾
山に咲くアジサイ、大好きです お花屋さんのは暑苦しく感じます。。

雨上がりでキノコが元気いっぱいです。
キノコ1 キノコ2 キノコ3
キクラゲの仲間だと思いますが、出来たてはお刺身にしたい気分です^^

白いお花が多いのはなぜでしょう???
アカショウマ オカトラノオ1  オカトラノオ2
 アカショウマ   オカトラノオ

ギボウシ ヒヨドリバナ ヤブラン
 ギボウシ      ヒヨドリバナ  ヤブラン

ギンリョウソウ ヤマジノホトトギス
ギンリョウソウ   ヤマジノホトトギス
理由はどうであれ、私たち人間にとっては、うっとうしい季節を
爽やかにしてくれます。ありがとう

春に花が咲いてそろそろ実ができているものもたくさんありますね。
葉っぱの主脈に花が咲く、ハナイカダ。葉っぱの真ん中に実が。
ハナイカダ
別名、ヨメノナミダ ですって!
昔のお嫁さんは苦労したんですよね~

来週末、お天気になることを祈ってブログ更新終了にします。
山の神様~ お願いしますっ










戸隠

戸隠に行ったのは、もう2週間前になります。
遅くなりました~

飯縄山に登った日、戸隠に泊まりました。
次の日は、楽しみにしていたバードウォッチングです。

4時頃気性。5時前には朝食を作ってもらい、宿泊地を出発。
直後に、アカゲラを発見して観察。
戸隠森林植物園まで歩いて行き、本格的にバードウォッチングモードです。

植物園は、見本園のようなものではなく、自然のままです。
時期的に、雪解け直後の植物がい~っぱい

RIMG1001.jpg RIMG1002.jpg RIMG1004.jpg
ミズバショウやリュウキンカ、ヤマエンゴサク、ニリンソウ、キクザキイチゲなど
春植物が競い合って咲いていました。

RIMG1015.jpg 緑が池
水が綺麗な戸隠。湿地や池が散在します。

中でも一番綺麗だったのは、鏡池です。
写真のコンクールなら必ず入賞するというベストスポット
RIMG1018.jpg RIMG1025.jpg

この美しい景色に心が解けそうな、○○年前乙女だった、私たち
1432459677793.jpg Yさんが撮ってくれたナイスショットです

朝食後は、戸隠神社の奥社にお参りし、再び小道をお散歩しました。
RIMG1062.jpg
こんな風景の道を歩くと、素敵なお花に出会いました。
キクザキイチゲ サンカヨウ ルイヨウボタン
林の下で、ひっそりとあまり自己主張せずに、それでも逞しく咲いています。

結構目立つ虫 RIMG1059ヒメツチハンミョウ3 ヒメツチハンミョウだと思います。
メタリックなカッコよさ

やっと、戸隠キャンプ場に出て、宿泊地に戻り、東京へ。
RIMG1063.jpg

戸隠は何度来てもまた来たいと思う場所です。
その魅力は、水が豊かな環境と、その環境に生きる
たくさんの生きものたちです。
また、来るからね







飯縄山

またまた、更新が遅れています。
5月23日~24日、長野県に行き、23日は、飯縄山に登りました。
ううう…1週間以上前のことです。

ロビンが大好きな戸隠の近くに聳える飯縄山。
1日目は登山です。
1900mほどの山。御開帳で有名な善光寺を通って、登山口へ。

鳥居から出発です 一の鳥居
神様の領域にお邪魔します。

飯縄山には、「死者の33回忌を祀る13の仏」があるとのこと。十三仏

早速、第一不動明王 第一不動明王です。
この十三佛のおかけで、歩く励みにもなりました
ありがとうございました~

さすが、花の宝庫! たくさんのお花たちに出会いました。
イワカガミ ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマは花期を過ぎていたのに、この子達だけ、待っててくれたみたいです
待っててくれてありがとう

エイザンスミレ ツクバネソウ フデリンドウ

一番目立ったのが、白いオオカメノキと濃いピンクのムラサキヤシオツツジでした。
近くで見ても、遠くから点在する二色を見ても、素晴らしかったです。
オオカメノキ ムラサキヤシオツツジ2 ムラサキヤシオツツジ

日本海側にしかない、背の低い小柄なヒメアオキ。会いたかった
ヒメアオキ

ロビンがこの日、一番印象に残っているのは、
タカネザクラとツバメオモトなのです。
ヤマザクラが桜の中で一番好きですが、標高が低いところでは
見られないタカネザクラもとっても素敵 まさに、高嶺の花
開花と同時に展開する赤い葉が特徴だそうです。
そして、ツバメオモトは姿が素敵ですが、ロビンの撮影した「影」もなかなかいいでしょ?
タカネザクラ タカネザクラ2 ツバメオモト

素晴らしい自然と、一緒に登ってくれたメンバーに感謝の一日でした
次回は、戸隠です。











プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。