スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三股から蝶が岳で出会った自然

前回は、登山の行程をマクロの目でご紹介しました。

雄大な自然は、私たちの心を魅了し

人間には絶対に及ばない自然の力を感じました。


今回は、自然をミクロの目でご紹介したいと思います。

というわけで、再び三股に戻ります
三股の標高は1300mぐらい。高山ではありません。
植物は、東京近郊でも見られるものがたくさんあります。

ヤマアジサイ センジュガンピ タマガワホトトギス
   ヤマアジサイ       センジュガンピ    タマガワホトトギス

山道を登っていくと、渓流を横切りました。
乾燥した東京と違って、瑞々しく潤いを感じます
渓流 ニカワツノタケ? ギンリョウソウ
葉緑素を持たない不思議な植物、ギンリョウソウが所々に現れます。
針葉樹林の林床に生える多年草の腐生植物です。
横顔が馬に見えました

山の下の方ではもう実ができ始めていたマイヅルソウ、ゴゼンタチバナも
上に行くとまだ花が咲いていました。標高の差が、多様な環境をつくります。

ゴゼンタチバナ実 ← ゴゼンタチバナ 花 ゴゼンタチバナ
マイヅルソウ ← マイヅルソウ 花 マイヅルソウ

このルートに群生しているオサバグサは、案内人の嘉門次さんのお気に入り
常念岳も近くに見えてきました
オサバグサ 常念岳

いよいよ高山植物のオンパレード 一気に行きますっ

ツマトリソウ ミヤマキンポウゲ オオサクラソウ
    ツマトリソウ      ミヤマキンポウゲ      オオサクラソウ
ベニバナイチゴ ミヤマカラマツ ツマトリソウ
  ベニバナイチゴ       ミヤマカラマツ      ツマトリソウ

ハクサンフウロ ウサギギク コバイケイソウ コバイケイソウ
   ハクサンフウロ        ウサギギク       コバイケイソウ      拡大して…

樹林帯を抜けて開けた道のわきでカメノコテントウを見つけました。
赤と黒のコントラストがとてもチャーミングです  カメノコテントウ

標高の違い、日照の違い・・・色々な環境の違いにより
多様な生き物を見ることができました。
イギリス人・ウェストンさんも、こんな素晴らしい大自然に魅了されたのでしょう。
本当に、日本は自然が豊かです。
この自然をいつまでも大切にしたいです。

次回は、頂上付近の岩場に咲く高山植物と上高地までをご紹介します。















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

高山植物って丈夫な割に見た目繊細ですよね~
よく行く植物のお店にもあるんですが・・・・
見た目よりお高くて手が出ません^^;

日本の植物って見た目地味でも、芯が強い気がします
日本の風土から植物も人もそ~なってきたのでしょうね~

あこがれます~

素敵ですね!

高山植物たちの造形美!
何か特別の、妖精のイメージです。

「高嶺の花」……まさにがんばらないと
目にもできないところが
魅力ですね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

高山植物を売っていますが(種類によるかもしれませんが)、
低地では、きっと根付きませんよ。

それも魅力の一つかも・・・

Re: あこがれます~

コメントありがとうございます!

さすがクミさん!
造形を意識されるんですね~

本当は小さいものが多いんですが、
あえて美しさを強調してアップを掲載しました^^
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。