スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄花と雌花いろいろ

こんにちは~
と、声をかけたら、じーっと見つめられました

トカゲ

つぶらな瞳に恋をしそう

ジュラシックパークの恐竜、それとも、鳥に似ていますか?


春は色々な花が競い合うように次々と咲きます。

こんな地味な花に気づいたことがありますか?

ヤマモモの花ですが、この植物は♂の木と♀の木があります。
イチョウと同じように。
ヤマモモ♂ ヤマモモ♀
   ♂の木(雄花)        ♀の木(雌花)

次は清楚な花、ムベですが、この植物は1本の木に雄花と雌花が別々につきます。

ムベ雄花 ムベ雌花
      雄花            雌花           

マツも同様に、1本の木に雄花と雌花がつきます。

まずは、雌花。数は枝によって違います。
マツ雌花

雌花からずっと視線を下に・・・
マツ 今年枝

棒のように伸びているのは、この春にかけて伸びた枝です。
その元の部分に小さいマツカサ(松ぼっくり)があります。
これは、昨年の春、雌花だった部分が受粉して
マツカサの子どもになったのです。

もう1種類見えるのは雄花。これからもっと大きくなり
花粉を飛ばします。

そして、視線をもっと下に・・・
マツ 前年枝

大きいマツカサがついています。
これが、一昨年、雌花だった部分です。

このように、マツカサがあれば、1年間に伸びた
枝の長さもわかるのです

これら3種類の花を見て気づくことは

雌花は数が少なくて、雄花は数が多いこと。

雄花の数だけ実ってしまったら、

財政破綻してしまいます

雌花は、悠然と立ち、花粉を待っているかのように見えます。

やっぱり、♀の方が偉いなんて言葉が

聞こえてきそうですが。。

両方存在しないと、繁栄できないんですよね~

それにしても、植物を見て人間にも当てはまりそうで

可笑しいですね






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私の書いた記事のテーマもまた微妙にかぶっています。
時期が同じだとどうしても似たものに目が行きますね!!
雌花は悠然…。確かに。これから実になるわけですから
先は長いですね。母の風格というところでしょうか。
自分にはこの落ち着きはありませんが、何人か思い浮かべられます!

Re: No title

nabanaさん、ありがとうございます。

チューリップやパンジーも綺麗ですが、
地味な花たちに注目してしまいますね!
私たちに見てもらわなくてもいいんですが。。

指摘されるまで気づきませんでしたが、
私は雄花タイプかも…
風格はゼロです(>_<)


プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。