スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春爛漫 …葛西臨海公園…

四月から五月にかけては

自然の様子が目まぐるしく変わっていきます。

そんなに急がないで! と言いたくなるくらいに…


日曜日に葛西臨海公園に行きました。

花が咲いている可愛い帰化植物を見つけました。

ウシオハナツメクサ コメツブツメクサ
  ウシオハナツメクサ    コメツブツメクサ

どちらもヨーロッパ原産です。
帰化植物は、なぜか荒地に多いですね。
安定した土地には侵入しにくいからでしょうか。

海にはユリカモメ。でも、冬とは様子が違います

ユリカモメ
夏になるともっと黒くなりますが、汚れているんじゃないんです。
夏羽に換わる途中です。

公園の中は、花盛り

海風に強いオオシマザクラは、さすがにこの公園には
たくさん植栽されています。
オオシマザクラ
オオシマザクラの葉にはクマリンという香りの成分が含まれていて
いい匂いです。桜餅の香りはこれです。
だから、時々オオシマザクラの木のそばを通ると
桜餅の匂いがするんですよ~

キランソウ、アケビ、アセビの花も綺麗でした。

キランソウ アケビ アセビ

キランソウの別名は、ジゴクノカマノフタ
こわ~い名前ですが、名前とは裏腹に可愛い花です。
茎が地表を這うように伸びるため、この名がつきました。

最後に豪華絢爛、ボケです。

ボケ

たくさんの花を枝いっぱいにつけていますが、
実は、この中のいくつかにだけ「めしべとおしべ」の
両方がある花があるんです。

その他は「おしべ」しかついていません。
どちらが両方あるか、わかりますよね?
ボケ ボケ

向かって左には「めしべ」と「おしべ」があります。
クリックして大きくして見てください

花をたくさんつけて実がたくさんなれば、子孫繁栄できます。

が、子孫を残すための実は、エネルギーと栄養=財源が必要です。

植物自体が生き残るためには、多少の節約も必要。

だから、花粉をたくさん運んでもらうため虫たちを花で引きつけて、
可能な範囲で実をつけようとしているのではないでしょうか? 

人間も、子どもがたくさんいたらいい、
でも、たくさんいれば、食費も教育費もかかる。
そんな苦渋の選択を強いられていますよね。
お金をどこにどれだけかけるか、家庭によっても違いますし。。

春爛漫の裏には、植物たちの悩んだ(?)末の生き残り戦略があるのです。











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

花、花、花の葛西臨海公園!
ハナアブなども目につくようになりましたね。
オオシマザクラは海辺に強いんですか。
そうか、「大島」ですものね。
アケビの花はおもしろいかっこうです。
それぞれ、個性豊かに虫たちにアピールしているわけで、
人間も堂々と自分の個性を出したいものですね。
(「世界にひとつだけの花」と同じになってしまいました)

Re: No title

コメントありがとうございます。

植物も動物も個性があるからこそ
生き延びているんですよね。

私たち人間も個性を大切に、
多様性を大切にしたいです。
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。