スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の野菜って・・・

アジア杯、大興奮でした

大学受験追込み中の二男は、
試合中継を見ないと言って勉強していましたが、

さすがに、決勝戦は、気づいたら私の隣りにいました

毎試合、ハラハラドキドキでしたが、
崖っぷちから、勝ち進んで、
最後も崖っぷちかと思ったら・・・

見事、優勝

今回の日本代表は、今までと一味違う!

日本サッカーが少しずつ、力をつけてきた証拠?

監督の采配も素晴らしかったんでしょうね。

それにしても、不利な状況から這い上がって
最後まであきらめない精神は、
そんなに短い間では培われないはず。

やはり、今までの日本サッカーの経験の積み重ねではないかと思います。

この精神、息子も真似してほしいです。

夏まで大会に明け暮れてたせいで、受験勉強が間に合わないと言っていますが、
大丈夫、集中して、ラストスパートで頑張ろう

決勝戦のおかげで、興奮してなかなか眠れず、
日曜日は朝早くから、観察会があったので
ショボショボの目をこすりながら、頑張ってきました


サッカーのお話はここまでにして、

野菜のお話です。

冬の野菜の代表は?

白菜、ホウレンソウ、ネギ、小松菜、大根・・・

その中で、葉物に注目です

これは何という野菜でしょう?
食べたことない、という人もいましたが、
東京では、八百屋さんでよく見かけます。

ターサイ

下にあるのが新聞紙なので、そのサイズがわかりますよね?
結構、大きいです。
そして、ペッタンコ・・・っていう感じの野菜です。
中華料理では、炒めて食べます。

これは、公園や河原で見つけた、そっくりさん

ギシギシ メマツヨイグサ

どれも、お花が開いたみたいですね。

このように、地面に張り付いたようにして

枯れずに冬を越すのが、この種の植物の戦略です。

冷たい風を受けずに、地面に広がることで
太陽の光を思いっきり集め

春が来たら、冬に蓄えたエネルギーで
いち早く、成長を始め、他の植物を圧倒できるんですね
バラの花に似ていることから、ロゼットと言います。
冬越しの形の一つです。

右側の、葉に赤い部分があるのは、メマツヨイグサ。
ある人に言わせると、最も綺麗なロゼットだそうです

では、なぜ赤いのでしょう? 紅葉して葉が落ちるわけではありません。

冬は気温が低くなりますから、
凍結を防ぐために、
植物は糖度を増すそうです。
この赤い部分は糖度が増している証拠とか…

そういえば、冬の野菜は霜に当たると甘くなると言いますね。

甘くなるのは、凍結を防ぐために糖度を増しているからだったんです

だから、冬のホウレンソウはとても甘いですね。

そして、栄養価も高いのでしょう。
だって、それだけエネルギーを費やしているのですから。


現代社会では、促成栽培、抑制栽培が普通ですが、

本当は、自然の状態で栽培できる野菜が

一番美味しいし、栄養もあるのです。

そして、もっと言うならば、

促成栽培、抑制栽培は、余分なエネルギーを使って、

二酸化炭素を多く排出します。

だから、環境にもよくないと思います。

その分値段も高いわけだし、無駄にお金を払って、

環境を悪化させ、栄養価の少ないものを食べているってことです

冬にトマトやキュウリを食べなくても、死にませんよね。

野菜を食べながら、そんなことをちょっと考えてみませんか?

本当のエコライフってなんだろうって
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

サッカーを見ながら、きっとロビンさんは
テレビの前でメガホンを持っていらっしゃるに違いない!と思っていました。最後までねばる姿勢は元気をくれますね!
さて、あの野菜はター菜ですね?おいしくて好きな野菜ですが
そういえばロゼットなのですねー。
たまーに冬のトマトを買うこともありますが、回数はぐっと減ります。私たちにできることはまず旬を子供たちに伝えることかなー。そういう気持ちで料理するのもエコライフにつながるかも…。

Re: No title

いつもありがとうございます。

旬のものを子どもたちに伝え、食べさせることは
同時に栄養価の高いものを食べることができるんですよね~

nabanaさんのお宅のお料理は、おせちを見ても
しっかりエコライフを反映させていらっしゃいますよね。
母の鏡ですね!

冬にトマト考

最近は一頃と違って昼はずいぶん暖かくなりました。

「冬にトマトやキュウリ」はチヨット頭が痛いですね。
我が家の朝食にはトマトが必ず付きます。
トマトは大好きで欠かしたことがありません。

産地をみると熊本産となったいます。
東京より暖かい(?)熊本と言えども路地ではなく温度を管理された温室育ちでしょう。石油を燃やして栽培されたトマトです。
そして更にガソリンを燃やして走るトラックではるばる運ばれて我が家の食卓に上がっています。ミニトマトと言えエネルギーの消費、二酸化炭素の排出ではかなりの量になるかも知れません。

このようなことを真剣に考えると冬に好きな「トマトを食べるか、食べるべきでないか」悩ましいところです。
To be or Not to be, that is the question.(ハムレット)

野菜類は最近は出来るだけ地元の農家が栽培しているものをJA直売所(テント小屋で週に3回13:00~17:00開店)で買っています。(私も時々買ってくる)
朝畑で採ってきたものなので新鮮です。
一部北海道産のジャガイモや玉ねぎがあります。
開店直後は列を作ってかなり賑わっています。

ヨーロッパを旅行すると街の広場の片隅によく朝市があり近くの農家が収穫した土がついたままの新鮮な野菜や農産加工品が売られている光景を目にします。どのように野菜が作られているかそこまでは知りませんがこれこそ地産地消の典型ですね。エネルギーの消費も必要最低限だと思います。

日本では朝市と言えば観光的な所が多いのですが、もっと身近なところで朝市等が普及して欲しいと思います。
しかし過日、直売所を手伝っている知人の話によると「近隣の商店との関係や広場や道路を使うための規制や各種の手続き・届出・許可」等でかなり面倒な事が多いとのことでかなり盛り上がらないとダメとのことでした。

いつもJ-ロビンさんにはいろいろなことを教えて頂いていますね。

Re: 冬にトマト考

L'azurさん

いつも素敵なコメント、ありがとうございます!

本当に、最近は暖かくなりましたね。
空気の匂いが変わったようにも思います。

私もトマトが大好きで、ずいぶん前は朝食に
必ず食べていました。同じですね!
冬はミニトマトが多かったですが。

でも、ある時、思いました。
野菜に気持ちはないですが、
せっかく人間のために命を捧げてくれるのだから、
せめて、旬と言われる季節を生きた野菜を食べて
自然に感謝しようと。

生きたくもない季節に生きた野菜を食べるのを
止めました。栄養価も低くなりますし。

だから、最近は冬の朝食に、ホウレンソウを
炒めて食べたりしています。どうしても
適当な野菜がないなら、缶詰とか果物とかで
代用しています。

でも、こういうことは、自分の出来る範囲で実行するのが
一番だと思います。
どうしても冬にもトマトを食べたければ、
それを止めるのに凄いストレスがかかりますから、
無理にしなくてもいいことだと思います。
ハムレットの気持ちになるのはわかりますが。。


お久しぶりです

我が家では、サニ-レタス・じゃがいも・里芋・玉ねぎ・白菜・
人参・大根・ネギ・ほうれん草と…畑で作っていただけるので、
旬を頂けます。(そういえば、今年は春菊なかったなぁ)
ありがたい事です。
お米は、古米ですが。

さて、高校はいよいよ 公立高校の選抜試験が9・10日に
行われます。よって、息子たちは明日の午後から出入り禁止で
どうやら、遊ぶつもりらしいです…。(恐怖の5連休です。)
試合前なので、大事にして欲しいところですが。

二男さん、お母さんの旬の野菜の料理で、スタミナも根性も
アップされてると思います!! あと少し、頑張ってください。

Re: お久しぶりです

おはようございます^^

蒲公英さんのご家族は、幸せですね~♪
畑でとれた野菜がそのまま食卓に・・・
羨ましいです~
東京の人って、貧しい生活をしていると
最近、つくづく感じます。

どこも試験ですね。
大学受験は、親の出番なしですが、
なんか落ち着きません。
スポーツをやめて、食欲も半減(-_-;)
早く大学に入って部活やってほしいな~
今日は入直模試に行きました。

大学生になってくれるのか…
心配です。
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。