スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花壇展 ~新宿御苑にて~

雨上がり、秋晴れの日、
新宿御苑の菊花壇展に行ってきました。

バドミントンで知り合ったSumi-chanは
ここで菊を作るお仕事をしているんです。
そんなSumi-chanに案内してもらいました

菊の歴史は古く、園芸品種の菊は奈良時代末から平安時代初めに
渡来したと言われています。
その後、発達を遂げ、明治元年に菊が皇室の紋章となりました。
『菊花拝観』(皇室を中心とする菊の鑑賞)は明治11年に始まりました。
(新宿御苑のパンフレットより) 


新宿御苑、日本庭園の中央入口から入ると、
第一露地花壇がまず、目に入ります。
黄・白・紅がこれから見るどこの花壇でも基調となっています。
第一露地花壇
ここには、風雨に強い品種が植えてあります。

懸崖作り花壇。野菊が崖から垂れ下がって咲く様子をイメージしています。
Sumi-chanはこれも作りました。
懸崖作り花壇
信じられないのですが、1本の幹から分かれた枝を編んでいくんですよ

伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇。
伊勢菊  丁子菊 嵯峨菊
縮れた花弁が垂れ下がる アネモネ咲きの丁子菊   細長い花弁がますぐに立つ

大作り花壇。
Sumi-chanがとっても苦労して作った花壇だそうです。
大作り花壇      幹の下の部分は?
これも幹は1本 凄い数の花!  どうしても、幹の下を見たくなりました

江戸菊花壇。とても不思議です
花は初めに開きだんだんらせん状に閉じていきます。
閉じたところが見ごろ
江戸菊1 江戸菊2 江戸菊3
そして・・・江戸菊4 花弁の先が匙の形をしているのも江戸菊の特徴です。
見えますか?

第二露地花壇
第二露地花壇
菊はとっても綺麗、後ろの「なにか」がないともっと綺麗なんだけどな~

一文字菊・管物菊花壇。
一文字菊・管物菊
一文字菊は花弁が16枚前後の大輪菊で、その形から、御紋章菊とも。
管物菊は筒状に伸びた花弁が放射状に咲き、糸菊とも。

肥後菊花壇。
一輪咲きの古典菊で、野趣があり、私は気に入りました
背の高い肥後菊 背の低い肥後菊
野生種に近いため、一重なんでしょうか。
新宿御苑の菊の中で、最も遅く咲くそうです。だから南向きに花壇が作られます。

最後は、大菊花壇。代表的な菊です。
大菊花壇 大菊
江戸時代江戸で発達した古典菊です。花の中央を包み込むように
咲くのが特徴で、この写真は中でも最も美しい包み込み方と
Sumi-chanが言っていました。素人の私にはみんな美しいですが…

日本庭園は菊の香が漂っていました。

「菊の香や 奈良には古き 仏達」 芭蕉
菊の香りで、芭蕉は奈良の仏様を思い出したのでしょうか?

菊は日本人に馴染みの深い花です。
その伝統を絶やさないよう、毎年この時期に合わせて菊を栽培します。

今年は特に酷暑が続いたから、ちゃんと咲くかと
とても心配だったそうです。匠の技ですね。

菊花壇は花だけでなく、松葉を根元に散りばめたり
上屋(うわや)という建物を設けたり
菊をまっすぐに並べず、正面から見た時に美しく見える配置を考えたり、
何メートルもある菊を育てて、地中深く鉢を植えたり、
その工夫・手のかけ方は、他の園芸植物とは全然違います。

伝統を守るということは、
生物多様性の保全にとってもとても大切なことです。
自然が私たちにくれた「恵み」を絶やさずに受け継いでいくのですから。

Sumi-chan、楽しい案内をありがとう
そして、この日本の伝統を守ってくれてありがとう

そしてそして、この出会いに感謝です。










スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご無沙汰しております

そうだったんですか・・・

ブログの引っ越しをすると、また、彼氏くんにわかっちゃうんですか?
例えば、アメブロで新しいID取得して、ブログの引っ越しを
するというのは、ダメですか?

または、フリーアドレスを作って、新しいFC2のIDを
取得し、新しいブログを作って、ブロ友さんには
通知すれば、今までの関係はそのままではないですか?

No title

J-ロビンさんこんにちは。

らせん状に閉じる菊を初めて見ました。
これは江戸菊ならではなのでしょうか?
不思議な感じですね^^

Re: No title

BRABUSさん

いつもありがとうございます。

東京都公園協会の本によると、
江戸菊の神髄は「抱えの動き」とあります。
抱え方は花弁が中ほどから斜めに折れる「褄折抱(つまおれかかえ)」、
花弁が一つの方向に次々に斜めに曲がる「追抱(おいかかえ)」、
花弁が丸く内へ曲がる「丸抱(まるかかえ)」などがあり、
その動きは他の古典菊に比べて格段に複雑で
これが江戸菊の名を高らしめ、江戸の人々を魅了した、
と書いてあります。

私も今年初めてちゃんと鑑賞しました。

私は野生の植物が好きですが、この菊を見て
これはこれで魅力があると思いました。
人間ってすごいですね。
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。