スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛西臨海公園のハマゴウとアメリカネナシカズラ

秋晴れの日が続いていますね

ちょっとアップが遅くなりましたが、

11月3日に東京の江戸川区にある

葛西臨海公園に行きました。

   葛西臨海公園 淡水池       葛西沖
淡水池には、たくさんの鳥がいます    数万羽のスズガモの群れも

葛西は、かつて漁村だったのですが、都市化に伴い

堤防ができ、埋め立てられ、自然豊かだった葛西沖は変貌しました。

その後、環境の悪化が進んだ結果、自然保護の気運が高まり、

昭和47年から緑を回復する公園の造成が始まったのです。

平成元年には開園し、

海辺、林、湿地、汽水池、淡水池、草地、芦原といった

多様な環境の公園が誕生しました。

今では、多様な生き物が棲む広大なビオトープです。


海辺の植物を見てみましょう。

ハマゴウ

これは、ハマゴウといって、海岸の砂地に生える木です。夏に撮った写真です。

海岸は風が強いから、こんなふうに砂の上を這うように伸びていくんですね

植物の賢く逞しい生き方に驚きます。

葉も種も強い香りがします。私にはローズマリーに似ているように感じます。

種は香辛料にも使うとか。

アメリカネナシカズラ

これは、同じくハマゴウ。11月3日には、ほとんど花は終わっていました。

でも、何か絡み付いていますね。

初めは釣りに使うテグスか、何かの糸かと思いました。

よく見ると、植物なんです。小さく丸く見えるのは花と種。

アメリカネナシカズラという、北アメリカ原産の寄生植物です。

発芽して絡み付く相手を見つけると、根からではなく

寄生した植物から栄養をとるようになります

だから根なし蔓。根は見当たりませんでした。

ハマゴウの茎には、栄養を吸い取っていると思われる

円い痕がポツポツとついていました。


生きものはお互いにつながり合って生きています。

でも、必ずしも、「持ちつ持たれつ」の関係ではないようです。

一方的にいい思いをするほうが多いかもしれません。

それでも、その関係を維持して、生態系は守られています。

例えば、ある種が爆発的に増えるのを抑えるために・・・とか。

ただし、アメリカネナシカズラの場合は、外来種ですから、

日本ではそのような関係にはならないのでしょうね。


もっと、色々な発見があったのですが、

長くなるので、今日はここで、お・し・ま・い






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(^^)

葛西臨海公園は、私の遊び場でした☆
実家がそちらなもので・・・

いつも海を見ながら、ディズニーランドの花火を見てました。
自然が沢山あって、私の大好きな場所です♪

たくさんの自然がずっとそのまま、いや、もっと!増えていってほしいなと思います。

Re: (^^)

kanaさん
コメントありがとうございます!
葛西臨海公園が遊び場だったなんて、羨ましいです。
鳥たちもたくさん来るし、いろいろな自然があって
私も大好きな場所です。

11月21日、私たちの団体で観察会を行います。
12月9日~11日は国内最大級の環境イベントである
「エコプロダクツ2010」の中でも観察会をやります。
こちらはWebから申込みできます。
よろしかったらお越しください。

宣伝になってしまい、すみません。

(^^)

21日!!

あう~。
義父の古希のお祝いで不在です・・・
あぁ残念!
またの機会を楽しみにしています☆

Re: (^^)

kanaさん

いつもありがとうございます。
21日、残念ですね(>_<)

今日も葛西臨海公園に行って、今戻りました。
また、アップするつもりですので、
見てください^^
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。