スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近に感じる 生物多様性の危機

9月になっても、最高気温が出たりして、今年の夏は endless
そんなはず、ありませんよね?・・・

全米テニス選手権も暑い熱い闘いでしたが、
健闘及ばず、3日に伊達・森田が、4日に錦織が敗退。
錦織選手、無念の途中棄権でした。残念です

日本選手がなかなかいい成績を出せないテニス
体格とか文化とかだけじゃなく、
やはり、国が援助、応援して、
国際試合で活躍できるようになるのではないでしょうか。
日本はもっとスポーツの振興に経済的援助をしてほしいです。


ところで、この暑さが身にこたえているのは、
人間だけじゃありません

昨日、東京の白金にある、
国立科学博物館付属自然教育園に行ってきました。

ここは、室町時代には、白金長者が住み、
江戸時代には高松藩主の下屋敷、
明治時代には火薬庫、
大正には御料地だったため、
長い間、一般人が踏み入れない場所でした。
戦後、史跡に指定され、国の重要文化財になっていて、
なるべく人の手を入れないよう管理されています。

水生植物園 水生植物園では、色々な野草が季節を知らせてくれます。

御料地時代1932年、植物学者の牧野富太郎さんに発見された
トラノオスズカケ。
1949年の開園当時、姿を消したと思われていましたが、
最近になって、芽生えが発見され、周囲の草木などを
刈った結果、繁殖し始めたそうです
完全に手を入れないと、奇跡も起こらなかったということですね。
昨日は、蕾が開き始めていました。

トラノオスズカケ トラノオスズカケは絶滅危惧種だそうです。

自然教育園の植物のほとんどは、元気がありませんでした。
人間に過酷な環境は、歩けない植物にとって、
もっと過酷でしょうね。水を飲みに行けないんですから

こんな夏が毎年来たら、
日本の植生も生活環境も変わってしまうのでしょうね。
今まで、いただいていた「自然の恵み」
手の届かないところへ行ってしまうのではないかと心配です。
北海道でしか稲が栽培できなくなったり、
美味しいお魚は日本近海からいなくなったり、
美しいと思ってた日本の自然が、写真の中だけになったり・・・

まさに、生物多様性の危機です。


危機で記事を終わらせるのは、よくないですね~
ここで、このまえの回答を・・・
①人里…へんぼり  ②笛吹…うずしき  ③畔荷田…くろにた
④払沢の滝…ほっさわのたき  ⑤時坂…とっさか

皆さん、何問正解しましたか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは~
>国立科学博物館付属自然教育園。
庭園美術館の近くの公園ですか?
珍しい植物が大切に育てられているのですね。
また行ってみたいです。
しかし、一雨ほしいですね。九州の台風、被害が心配ですが
進路はどうなるのでしょう。雨も待ち遠しいけれど台風も心配。

Re: No title

ブログ訪問、ありがとうございま~す!

そうです、庭園美術館の隣りです。
ここは、公園というより、野外の博物館です。
見本園のように、いろいろな植物があります。

台風の被害は困りますが、恵みの雨となりますように!

No title

今日は何日ぶりかで雨が降り本当に涼しい一日となりました。
毎日花や植木の水やりをセッセとやっていたのですが、今日はその必要がありません。
これから台風が来るとのことで災害が起きないことを願います。

この前の宿題ですが、私は一問しか正解しませんでした。
・・と言うことは赤点、再帰不能の落第ですね。

その地域に住んでいるかまたは係わりがなければ凡人では回答できない超難問でしたね。
読めない地名こそ深い歴史や地域の文化が秘められておりそれらの地名の云われが知りたいです。
地名に愛着や重みがなければとっくの昔に読みやすいものに改変されていたことでしょう。

生物多様性の危機ですが、私は生物が棲んでいる自然界・環境の多様性の危機だと理解しています。
人類の幸福(?)や便利さを求めてために開発の名の下で自然が破壊されまた効率を進めるに当たって邪魔な自然を画一的なもの作り変えています。その結果としていままでその小世界で生息していた生物が排除され死滅させられたのではと思います。

私の住んでいる街に大きな公園がありその真ん中を(小さな)川が流れています。公園を作る当たって川底も掘り返して整備されました。
ところが川底の粘土層まで掘ってしまったためにせっかく流れていた川の水が地下の砂利層に浸透してしまって流れなくなり、今度は川底をコンクリートで固めてしまったために川に棲んでいたフナや水生生物がいなくなり問題になりました。
今は砂利や土を入れて元に状態に戻るようにしています。
結局なにも手を加えないことが最高の多様性の自然の管理(?)と思います。

川は土手があり葦や水中植物が生えて曲がりくねっているいるのが今までのイメージでしたが都会の中ではそのような光景は見ることは出来なくなりました。

人類に有用だと思う生物は保護され、人為的に改良されています。一方無用もしくは有害と思われるものは排除されてます。
生有るものすべて存在そのものに価値があると私は思っています。

皇居の膨大な敷地は最小限しか手が入っていないために都会の中にも係わらず生物の多様度が高いところと聞いたことがあります。
都心の秘境としていつまでも今の状況を保って欲しいと願っています。

すみません。なんか硬い話、私の思い込みになってしまって申し訳ありません。

Re: No title

重みのあるコメント、ありがとうございます。
ブログで伝えたいことが伝わっている気がして、とても嬉しいです。

台風の被害はありましたが、とにかく恵みの雨でした。
被害に遭われた方がいらっしゃるのに、不謹慎ではありますが、
本来、自然界では台風や山火事などの攪乱があってこそ、
新しい命が生まれるものです。台風が発生しないと、
海中の攪乱が起こらず、サンゴは白化現象を起こし死滅するようです。
海水温が高温のままだとダメなんですね。

日本は山国、川がたくさんある、だから昔から治水は
問題でした。川の流れを変えることが、結果的に新たな
被害を生むというのはよくあることですよね。
「川は生きている」という本がありますが、本当に
川は生きているように感じます。だから、生きたいように
生きさせてあげたいです。そうすることで、周りの生態系も
豊になるのですから。

おっしゃるとおり、生物多様性の危機は、自然界・環境の危機です。
しかし、温暖化とは違い、人々は危機感を持っていません。
多様性には、環境・種(しゅ)・遺伝子の三つの多様性が
ありますが、何か一つぐらいなくなっても、人間は生きられるじゃないか、
と思う人が多いんだと思います。もっと、危機を感じてほしいです。

この前の問題、難しすぎましたかね~?
落第者をつくるための問題ではなかったんですが、
すみません。。。
でも、「読めない地名こそ深い歴史や地域の文化が秘められて」
と気づいていただけて、よかったです。そうですね、言われもお伝えできれば、
次回に・・・。


No title

お話したいのに、話がまとまりません…。

もやもやしていて、なんだか心の中は台風が駆け回ってるかも。

気持ちが落ち着いたら、お便りします。

取り留めなくてすみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: いつもすみません

何と返信していいか、考えて1日たちました。
うちに娘がいないので、よくわかりませんが、
娘、息子に関わらず、心配ですよね。
もてないのも心配ですが、付き合っている人がいても
同じく心配ですね。

自分の時代を考えると、きっと、親は同じように
心配していたんだろうと察します。
ただ、当時はパソコンも携帯電話もプリクラも・・・なく、
今とは心配する内容が違っているでしょうね。

昔の親より、今の親のほうが、子どもとの距離が近いように
思います。だから、わかっているからこそ、心配も多いのかも・・・

子どもとはいっても、ある年齢になったら、一人間として、
親も信頼し尊重しているという態度を示したら、
子どもも緊張感があるのではないかと思います。
そうじゃないと、反発ばかり。
『僕色に染めてみたい』と思うこともあるだろうし、
そういう男性もいるだろうと思います。それで、即、結婚という
わけではないだろうから、別れたり、また、新しい人と
出遭ったりして、大人になっていくんじゃないでしょうか?
そう思うなと言っても、無理ですよね?

私はいつも自然に任せてしまう傾向が・・・
要するに、全然コメントらしくないんです。
すみません、頼りにならなくて・・・

ありがとうございます

いえいえ、悩んでくださって、恐縮です。
気分的に、娘が親≦彼、彼は娘≦自分
という感じで、もう少し、立てて欲しかったのかも。
19年育ててきた娘が手のひら返しのように、
彼の言うことを中心に受け入れてるのがたまらなくて…
(もしかしたら、男親が感じることでしょうか)

真剣に考えていただけて、嬉しかったです。
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。