スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行者小屋から

さて、本日は八ヶ岳山行の二日目です。

この前の唐松岳・五竜岳山行では、五竜岳途中でギブアップしたので、
今回はどうしても、完全制覇に挑みたいと思っていました。

朝は3:30に起床。小屋で作っていただいたお弁当の朝食を済ませ、
4:00には小屋を出発。
前日の夕方、夕陽に染まる姿を眺めた赤岳目指して登り始めました。

4時というと、もう薄っすらと夜が明け始める頃。
山の上の方ほど、朝が早いんですね。RIMG0970.jpg
昨日見た山肌を一歩一歩進みます。
山頂に着いた時は、もう日が出ていましたが、とても綺麗な朝陽と
遠くに見える富士山と・・・180度のパノラマを楽しみました。
RIMG0975.jpg RIMG0979.jpg RIMG0980.jpg
一緒に行った人が、無言で富士山を眺めている様子、ちょっと感動しました。
山頂に立った人にしか味わえない瞬間です。

赤岳山頂までは、結構距離があり、そのあと、横岳、硫黄岳と続くのですが、
今回は体力も残っていて、少し進化した自分が嬉しかったです。

タカネヒゴタイ コウメバチソウ オヤマノエンドウ
少しだけ写真を撮りました~
コマクサ盗蜜 コマクサ 白花 ミヤマミミナグサ
横岳山頂付近には、白いコマクサがありました。ピンクのコマクサはどうやら盗蜜されているよう。。
花に潜って蜜を吸えない大きい昆虫が、
穴を開けて、横から盗んだ痕だと思います。

赤岳も横岳も、とにかく風が強い!
カメノコテントウが、岩にしがみついていたのが印象的でした。
RIMG1013カメノコテントウ

硫黄岳に登れば、あとは下りるだけ。ここまで来ると、ホッとします。
RIMG1025硫黄岳 RIMG1032.jpg

沢が流れる樹林帯を下りると、少し余裕を持って
タカネグンナイフウロ キソチドリ タカネナデシコ

音だけでも涼しくなる沢の脇には涼しげなお花と、体を休めるトンボ。
RIMG1042.jpg ホウオウシャジン RIMG1046トンボ

そして、ほぼ時間通りにバス停までたどり着き、東京へ。
誘ってくださったHさんと、最高のお天気をくださった神様に、感謝です。















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。