スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮間公園

2月の中旬となると、日本で冬を過ごそうと北の国から渡ってきた冬鳥たちが、
帰り支度を始めます。
結婚相手を見つけ、繁殖地へ帰る日を待っているカモやカモメの仲間が
浮間公園にはたくさんいました。
また、一年中日本で過ごす仲間たちも一緒に池で暮らしています。

先週、ロビンは浮間公園で子どもたちとその保護者さんと一緒に
水鳥の観察をしました。

それぞれの体の特徴を観察してから、名前を覚えてもらったり、
色々なしぐさを探しながら、鳥の特徴を観察してもらいました。

浮間公園は、昔は荒川の一部でしたが、河川改修で池になった場所です。
その池をたくさんの水鳥たちが利用しています。

浮島 群れ
人工の浮島は、生き物たちの大切な休息場所。
ブイの向こうに見える粒粒は、み~んな水鳥たちです。(写真はクリックすると大きくなります)

オナガガモ♂ オナガガモ♀ オナガ♀♂
水面に嘴をつけて、餌を口に中に入れています。オナガガモの♂♀が
地上でも、同じように嘴を忙しく動かして、草を食べていました。

ホシハジロ♂ ホシハジロ♀
ホシハジロの♀は羽をお手入れしています。♂の方が派手なのは鳥の世界だけ???

キンクロハジロ♀ マガモ♂ ヒドリガモ
 キンクロハジロ♀      マガモ♂   パートナーを見つけた?ヒドリガモ

東京都の鳥であるユリカモメも、もうすぐ北の方へ飛び立ちます。
ユリカモメ
意外と知らない人が多い・・・ユリカモメは冬鳥です。

そして、これからあとにご紹介するのは、留鳥。一年中日本にいます。
オオバン バン カルガモ カワウ

この広さの池に、こんなにも多くの種類の水鳥がいるなんて
嬉しいです。
でも、なぜこんなにいるか考えると、喜んでもいられません。

野生生物が棲む場所を決めるのは、まず、餌です。
餌がないところには来ません。
この程度の広さの池で、これだけの水鳥を面倒見るほどの餌はないはずです。

観察していると、餌をやりにくる人が多いのに驚きます。
今は、野生生物に餌をやらないよう、自粛する方向なのに。。。

生きものに餌を与えることは一見、いいことのように見えるし、
与えている人もいい気分になります。
でも、よーく考えると、水環境を汚したり、生きものと人との距離を近づけ過ぎたり、
人の食べ物であるパンやお菓子を与えれば、栄養的に問題が出たりします。

私たち人間は、餌を与えて野生生物を生かすのではなく、
彼らが生きられる環境を整備していく必要があるのではないでしょうか。








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。