スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の夜の感動ドラマ

東京では、そろそろニイニイゼミの羽化が終わり、
アブラゼミ、ミンミンゼミの羽化が始まりました。
少ないと思っていたセミですが、
近所の神社に夕方行ってみたら、
ゾロゾロ、穴からセミの幼虫が出て来ました

踏まないようにそぅ~っと歩いて

穴から出てきたセミは、木を見つけると、
一目散に木の方向へ向かって、
急いで登って行きました。

高く高く登ってしまうので、観察することができず、
考えた末、1匹を家に持ち帰り、庭の草に登らせることにしました。

夏の夜の命懸けのドラマ、
痒さと闘いながらも観察した一部始終をご覧ください!


午後18:30。まだ、辺りは薄明るく、
カラスとオナガが鳴いていました。

セミの幼虫にとって、鳥やカエルやは天敵です。

だから、暗くなってから穴から出て、
朝、明るくなるまでに飛べるようになるのです。

かなり暗くなり、カラスもオナガもねぐらに帰ったころ、
穴からちょっと二つの目が見えました。

ドラマの幕開けです

外を覗いて 光のある世界へようこそ!
ちょっと覗いて…     早く高い所へ行かなくちゃ・・・そして、家に持ち帰りました。 

背中が割れました イナバウアー!
割れました!       イナバウアー!!  荒川静香とどっちがうまい?

抜け殻から足を離して、体を抜くのに一生懸命です。ガンバレ!!

だんだん羽が広がります 羽はピンと伸びました
羽はまだ少し曲がって…  お腹も膨らんで、セミらしくなりました

セミは自分の持っているエネルギーをこの一瞬に集約して
成虫になるのです。やっと穴から出てきても

人に踏まれるかもしれない
カエルに食べられるかもしれない
カラスが狙っているかもしれない

でも、この世に生を受けて
成虫になって子孫を増やすことが使命だと
セミのDNAが言っています。

だから、一生懸命生きようと
この光ある世界に出てきて
力を振り絞っているのです。

私たち人間の世界で、この日本で、
こんなに命を懸けることって、めったにないですよね?

もう立派なセミ
(注:この画像は別の個体です)

そして、蒼く白かった羽はだんだんセミらしくなり
朝になって羽が乾いたら、飛んでいきます。
そう! 婚活開始 

こうして、人知れず、セミたちは
生と死が隣り合う暗闇の中で
子孫を残すために、奮闘しているのです。

自然のドラマは、どんな人気ドラマより感動的です

今年もこの地球の中の日本に、私たちの街に
セミが羽化できる日が来て、本当によかった







 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵な画像、どうもです

こんばんは。
一人ぼっちの蒲公英です。
(もうじき帰ってきますが…)

忘れていたワクワクを思い出しました!!
短い一生を懸命に生きているんですね。

毎日 イライラ、バタバタして、忘れてました。
心に余裕がない証拠でしょうか…。

美しいです…。

昆虫は大好きです。
でもセミの羽化はまだ見たことがありません。
貴重な観察記録、見させてもらいました!
夕方に出てくるのですね。
乾いていないセミの色、美しいですね。
朝から泣き続けるセミたちにも、今朝はちょと
思いをはせました。

Re: 素敵な画像、どうもです

いつもコメント、ありがとうございます。
とても嬉しいです!

自然界の生き物は、子孫繁栄だけのために
いつも生と死の狭間で一生懸命生きています。
人間って、いろいろな欲望があって、
子孫繁栄のためだけには生きられないから
つい、「一生懸命」を忘れてしまいますね。

自然から教えられること、たくさんあります。

また、ブログを通じて伝えていければと思います。

ヨロシク!

Re: 美しいです…。

いつもコメント、ありがとうございます。
とっても嬉しいです!

セミの羽化はどこでも見られるんですよ。
是非、この夏、見に行ってください!
神社なんか、おススメです。

自然が作る色・形…本当に美しいですよね。
人間はそれに近づけるよう、
いろいろなものを開発しているだけです。

そうそう、羽が透明でないセミは
世界でも珍しいんです。
だから、アブラゼミを見た外国人は
とても珍しいものを見たと言います。

日本人からすると、きっと、透明の方が
美しいと思うのでしょうが・・・
「希少」というのは、身を守るための一つの要素ですね。

No title

こんにちは!
我が家のあたりも今年は蝉が少ない(遅い?)ような・・・
かつて品川に住んでて、v-205が小学生だった頃には、蝉の羽化や蝶の羽化をよく観ました。
どちらも初めて観た時には、その神秘さにとても感動しました。
久しぶりに観察しようかな~v-266

Re: No title

こんにちは。暑いですね~
毎日大汗です!

コメントありがとうございました。

ホントに今年は少ないような気がしますが、
毎年の恒例行事を終えるとホッとします。
いつか Silent Summer が来るんじゃないかって、
気になります。。。


セミ

ロビンさん、こんにちは^^
子供のころ、一度だけ(イヤ、二度だったかな~?)
セミの羽化を見たことがありました。
成虫になりたてのセミの羽が綺麗だったのを、
今でも覚えています。

セミが大人になるまでの一連の光景は、まさに奇跡の
世界そのもののように感じます。

当時子供ながらに、セミの変化を目の当たりにして。
命の大切さを教えられた気がして、セミを愛しく感じました。

昆虫をはじめ物言わぬ自然の世界は、人間にいろいろな
ことを無言で教えてくれていますよね^^

セミが来ました。

こんにちは。
我が家の周りでもセミの鳴き声が聞こえるようになりました。
先月までは全くその気配がなかったのですが、雨が降り地面が湿ったのでぞろぞろと這いでてきたのかも知れません。

先日も庭で突然けたたましく鳴き始めたので慌てて確認しょうと窓から覗いたら泣き止み、その後一向に泣きません。
インターネットで鳴き声を確認するとアブラゼミのようです。

アブラゼミは鳥から捕食を逃れるために茂った木に隠れるそうですがその木が少なくなったためにアブラゼミも少なくなった人のことです。バラ科の木を好みますが我が家には細い林檎の木が2本あります。
まさかその木の汁を吸いに来たのか? 考えられません。多分どこかから飛んできてひと休みしていたのでしょう。

Jーロビンさんのブログを読んでから街や公園を歩いているとセミの事が気になります。
いままではほとんど聴こえていなかったセミの声がホウボウから聴こえてくるようになりました。
関心を持って聴こうとしなかったのでいままでは聴こえなかったのかなと思います。

先日病院で耳の検査を行って来ました。その中で雑音の中から微かな信号音を聞き分けるのがありました。
かなり大きな雑音の中でも集中すると分かるとの経験をしました。

この地区では聴こえる、彼処でも、ここは美味しそうな木があるけど鳴いていないと・・。これらをデータとしてまとめて分析すると何かがわかるかも知れませんね。

Re: セミが来ました。

いつもありがとうございます。

今年は全体的にセミの出現が遅く、また少ない傾向のようです。
今年の気候のせいなのか、セミが地面にいた間の何かの
影響なのか、知りたいです。

確かに、バラ科の木は好まれるようですね。リンゴの木の根から
樹液を吸っていたとも考えられますね。木の周りに
セミの穴がありませんか?
セミの移動距離は比較的短いそうです。リンゴの木の下から
出てきたのではないとしても、たぶん、羽化は身近な場所でしょう。

私たちは、セミの抜け殻を集めて種類・数を調べて、その地域の気候の変化や
環境の変化を考えようというボランティア活動をしています。
年々、クマゼミが北上していることから、温暖化が進んでいるのではないか
という推測が出ています。L'azurさんも、いろいろ調べてみると面白いですよ。
セミの声、耳を澄ませて聴くのは楽しいですね。
一斉に鳴くと、アブラゼミかニイニイゼミかわからなくなります^^;
自然界の生き物は、人間よりずっと敏感です。大切にしたいです。

ブログを読んでいただいて、興味を持ってくださる方が増えて
本当に嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします。


プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。