スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の季節は次々と

ゴールデンウィークが終わりました。
いかがでしたか?

私は遠出をせず、おとなしく東京に…
最終日、近くの公園に行きました。

いい香りがしました。トチノキやミズキなど白い花が香ります。
トチノキ
栃木県の県木ですね。
小学校の教科書にある『もちもちの木』はこの木です。

赤い花のトチノキもあります。
ベニバナトチノキ、日本の木ではありません。
やっぱり白いほうがいいかな~~~

たまたま、ここのベニバナトチノキが低いので、
花を観察しました。
いくつもの花が房のようになっているのですが、
よく見ると雄しべだけの花 雄しべ

雄しべと雌しべがある花  雄しべ+雌しべ
の両方が混じっていることがわかりました。
下の写真には、1本の長いものが伸びていますが、
これが雌しべです。

ムラサキケマンは花をほぼ終えていました。
ムラサキケマン (写真は花盛りの頃)

種の部分を触ると、パチッと弾けて丸まります。
ムラサキケマン 弾ける

中から出てきた種は、ケシの種ほどのサイズ。
種
種の膨らんだ部分に、半透明の白いものがついているのがわかりますか?
これは、エライオソームといって、成分は脂肪酸。
アリに種を運んでもらうために進化したものです。
アリは種を運んであげる代わりに、このご馳走をいただきます。
『持ちつ持たれつ』の関係

赤く膨れた物体…これなんでしょう?
イスノキ
種のように見えますが、これは、虫こぶ。
枝にアブラムシの1種が卵を産み、
膨れ上がったものです。中で育ち、羽化します。

こんなものが見つかるようになると、いよいよ春も盛りを過ぎます。
エゴノキが咲くと、汗ばむ陽気。
あ~~~、今年ももうすぐ半分過ぎてしまいます…ちょっと早いか・・・
エゴノキ

ロビンは、エゴノキが大好きです。
庭に種を蒔いたエゴノキは、今年はまだ蕾をつけませんでしたが、
来年はきっと
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

山の植物も、毎日毎日変わっているのでしょうね~^^
虫こぶ。。。。。
正直・・・ぞぞぞって
感じです^^;
これから虫との戦いの季節です
お互い、ファインプレイで臨みますわ~^^;

Re: No title

虫こぶも苦手ですか・・・
植物の一部にもぐり込めば
身を危険から守れるという
昆虫の知恵の結晶♪
大目に見てあげてくださいませ~

エゴノキ

下向きに白い花が咲いている様子は、可憐で私も大好きなお花です。
タネから育てているのが、ロビンさんらしいですね。

ワタクシ、恥ずかしながらトチノキとホオノキの見分けができません。
お花が咲けばわかるのですが・・・。

ゴールデンウィークには、千葉の家に行き、裏庭の竹の整理をしてきました。
ベニカミキリが出てきた思われる穴が一杯ありました。

Re: エゴノキ

まつよしさんも、エゴノキの花がお好きですか?
いいですよね~~!

トチノキとホオノキの決定的な違いは、
トチは複葉(掌状複葉)、ホオは単葉、
トチは鋸歯有、ホオは鋸歯無です。
今度山にいらっしゃったら、観察してくださいね@@

千葉のおうち、懐かしいです(*^_^*)

トチノキとホオノキ

見分け方のポイント、ありがとうございます。
最近、ますます物覚えが悪くなってきたので、
メモをとりました。
今度、気をつけてみてみます。
楽しみだわ!

Re: トチノキとホオノキ

お勉強熱心なまつよしさん、
さすがですね~
こういうのって、覚えるというより、
何度も実物に接するのが大切ですよね。
そうすれば、複葉とかなんとか考えずに
自分の感覚でわかるようになります^^
人の顔だって、目のサイズが何センチで…
な~んて覚え方しませんよね(笑)
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。