スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスノエンドウと命のつながり

道端で色々な花が咲き始め、昆虫も目にするようになりました。
都会でも容易に見つけられる草、カラスノエンドウ。
烏の豌豆じゃなくて、烏・野・豌豆です

カラスノエンドウ 可愛い花ですね

こんな様子もよく目にするようになりました。
アブラムシ

柔らかい部分は、誰でも好きです。
アスパラの堅い部分を好んで食べる人もいませんね~
植物の美味しい汁を吸っているアブラムシです。
野菜を作っていると、ある朝、急に発生していることがありますね。

よく見ると、他の昆虫もいました。
ナナホシテントウ 誰もが知っているナナホシテントウ。

もっとよく見るとナナホシテントウの幼虫も。
幼虫

何をしているのでしょう
美味しいものがありました。
RIMG0110.jpg
ナナホシテントウは成虫も幼虫も肉食で、アブラムシが好物らしいです。
ムシャムシャ音が聞こえそう

今度はアリ アリ
アブラムシだらけの道を苦労して歩いているように見えますが。。

あっ! 美味しいものを見つけたようです。 アリ

花の元の黒い部分は…蜜腺 蜜腺らしいです。
人間の私がなめても甘~い
このアリは、蜜をもらいにきたみたいですね。
植物にとって蜜を作るにはそれなりにエネルギーがいるはずです。
ってことは、何かわけがあるんでしょうね~

アリはその他、アブラムシの出す甘い分泌物を目当てに
アブラムシのいる場所に来るそうです。

こんな虫もいました。スダジイ 何が目当てなんでしょう

こうして、一つの植物を巡って虫たちが集まります。
カラスノエンドウ → アブラムシ → テントウムシ
       ↓   ↓
         アリ

人間が好きな生きものも、嫌いな生きものも
み~んな命がつながって、この自然を作っているんですね。

そのつながりを人間が邪魔する権利はないのではないか…と
カラスノエンドウを観察して思いました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは
ロビンさんの虫さん便りが見られる季節ですね~
ほんと・・・人が嫌いなもの・・・好きなもの
関係ないですよね
彼らには^^
そうして自然は成り立っていますよね
わたしのク〇嫌いも、エゴだって理解してるんですけど
やっぱ。。。--;

でも、いなくなると困ることは、わかっています^^

Re: No title

いつもありがとうございます。
o*hanaさんの気持ちもよくわかりますよ~
苦手なものは苦手ですものね。
でも、ナナホシテントウはみんなアブラムシが好きなのに、
なぜ、ホモサピエンスは好みが色々なんでしょうね。
これも進化ですかね。
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。