スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼を求めて 海沢三滝

立秋を過ぎても蒸し暑い日々が続いています。
猛烈な暑さからは逃れていますが、お盆を過ぎてもこの暑さは異常です。

週末は山に行きたいところですが、この週末は涼を求めて
奥多摩にある海沢三滝めぐりをしました。

レンゲショウマで有名な御岳山は、大勢の人でにぎわったようですが、
海沢三滝は閑散としていて、滝を独占できました

奥多摩駅から歩いた道は、ずーーーっと渓流沿いです。
とっても湿った場所。もう遅いと思ったイワタバコに出会えて、うれしかったです。
イワタバコ
文字通り、岩に苔が生えた場所に、
タバコの葉に似たイワタバコが群生していました。

道沿いには、色々な花。
みんな夏を過ぎて咲くものばかりで、もうすぐ秋かな~という感じです。
ヌスビトハギ ノササゲ タマガワホトトギス

モミジバハグマ ツリガネニンジン キツリフネ

ヤマホロシ ボタンヅル オトシブミ
オトシブミの仲間が作った「ゆりかご」がたくさんありました。次の季節への準備ですね。

とても綺麗なミヤマカラスアゲハが水たまりで給水していました。
瑠璃色の羽が素敵です
ミヤマカラスアゲハ

瑠璃色といえば・・・途中でオオルリのさえずりが聞こえて探したら、
至近距離にいました
下からで逆光のため、瑠璃色は見えませんでしたが、
あの声は確かにオオルリです。

自然界は秋を感じるものがたくさんでしたが、
人間の世界は暑苦しい…早く秋が来ないかな~と
心待ちにしているロビンです 





スポンサーサイト

行者小屋から

さて、本日は八ヶ岳山行の二日目です。

この前の唐松岳・五竜岳山行では、五竜岳途中でギブアップしたので、
今回はどうしても、完全制覇に挑みたいと思っていました。

朝は3:30に起床。小屋で作っていただいたお弁当の朝食を済ませ、
4:00には小屋を出発。
前日の夕方、夕陽に染まる姿を眺めた赤岳目指して登り始めました。

4時というと、もう薄っすらと夜が明け始める頃。
山の上の方ほど、朝が早いんですね。RIMG0970.jpg
昨日見た山肌を一歩一歩進みます。
山頂に着いた時は、もう日が出ていましたが、とても綺麗な朝陽と
遠くに見える富士山と・・・180度のパノラマを楽しみました。
RIMG0975.jpg RIMG0979.jpg RIMG0980.jpg
一緒に行った人が、無言で富士山を眺めている様子、ちょっと感動しました。
山頂に立った人にしか味わえない瞬間です。

赤岳山頂までは、結構距離があり、そのあと、横岳、硫黄岳と続くのですが、
今回は体力も残っていて、少し進化した自分が嬉しかったです。

タカネヒゴタイ コウメバチソウ オヤマノエンドウ
少しだけ写真を撮りました~
コマクサ盗蜜 コマクサ 白花 ミヤマミミナグサ
横岳山頂付近には、白いコマクサがありました。ピンクのコマクサはどうやら盗蜜されているよう。。
花に潜って蜜を吸えない大きい昆虫が、
穴を開けて、横から盗んだ痕だと思います。

赤岳も横岳も、とにかく風が強い!
カメノコテントウが、岩にしがみついていたのが印象的でした。
RIMG1013カメノコテントウ

硫黄岳に登れば、あとは下りるだけ。ここまで来ると、ホッとします。
RIMG1025硫黄岳 RIMG1032.jpg

沢が流れる樹林帯を下りると、少し余裕を持って
タカネグンナイフウロ キソチドリ タカネナデシコ

音だけでも涼しくなる沢の脇には涼しげなお花と、体を休めるトンボ。
RIMG1042.jpg ホウオウシャジン RIMG1046トンボ

そして、ほぼ時間通りにバス停までたどり着き、東京へ。
誘ってくださったHさんと、最高のお天気をくださった神様に、感謝です。















八ヶ岳 行者小屋へ

この夏、2度目の山行。
今度は八ヶ岳です。

長男が高校生の時山岳部で初めて行った山です。
その時の印象、はしごと強風が怖かったらしいです。
本当に行くの? 大丈夫かな…と心配そう。。

行ってみたら、2週間前に行った牛の首の方がずーっと怖かったのです。

茅野駅からバスで美濃戸口まで行き、南沢から行者小屋まで行きました。
一日目はかなり時間に余裕があるため、観察したり、撮影したり。
苔が多く、湿っぽい道の脇からは
川の流れの音が聞こえて、涼しげな道です。しかし、この日の気温は高いのでした
コバノイチヤクソウやキバナノカワラマツバがたくさん。
コバノイチヤクソウ キバナノヤマオダマキ コケとキノコ

ずいぶん歩くと、大きな河原のような場所に出ました。
目の前には赤岳。明日はあの山に登ります。
赤岳

行者小屋に到着したのは、4時前。
この1杯のために登ったのですwww
乾杯

休憩の後、5時に夕食。
夕食
なかなか美味しい夕食でした~ ごちそうさま

夕食後は、日没を待ちます。小屋の外には、人が出てきています。
でも、だんだん寒くなってきました。
赤岳夕陽

赤岳の名前は、「山肌が赤い」からだそう。単純明快ですね。
昼間、眺めた時は、それほど赤くなかったのですが、
夕陽に映える赤岳は、本当に赤かったです。綺麗

赤岳とは反対方向に日が沈みます。
夕陽
これも綺麗

明日は3:30起床。たくさん歩くので、8時に就寝。
おやすみなさい (-_-)zzz
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。