スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰

            ネットショップ 『繋』 は こちらから 
            モアモール は こちらから

御嶽山の噴火は、あまりにも突然で、衝撃的でした。

近頃の登山ブームで、山をあまり知らないで
綺麗な登山衣装?で頂上を目指す方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、登山は人間の自然への挑戦であり、
絶対に人間は自然を征服することはできないという意識を
持たなければならないと、改めて思いました。

あの時、富士山が噴火していたらロビンは・・・
全くの想像の世界ではありません。
登山の前には、情報を収集し、あくまでも自己責任なのだと痛感しました。


さて、今日は久々にスポーツの話題です。

長い間、怪我と闘っていた、二男が復帰して
試合に戻ることができました

周りでみていても、いつになったら復帰できるんだろうと
ヤキモキしてしまいましたが、
本人は、本当にイラついていたはずです。
よく、頑張った!と言いたいです。

どの位走れるようになったか、この目で確かめたいと
大阪まで行ってきました。

試合開始 頑張れ!

集客試合とあって、応援も華やかです。
応援

プロのスポーツも面白いかもしれませんが、
ロビンはやっぱり、学生スポーツが好きです。
学業もスポーツも両立できて
初めて充実感があるのではないかと思います。

昨年、1部から2部に落ちてしまったため、
1部に上がれることを目標に頑張っているそうです。
Tシャツに刻まれた「奪取」の文字が印象的でした。
ダッシュして、奪取


スポンサーサイト

東日本大震災復興支援を忘れない!

             ネットショップ 『繋』 は こちらから 
               モアモール は こちらから

先週は、南三陸に行ってきました。
ロビンのショップに置かせていただいている商品の
作家さんにお目にかかってきました。
町は以前より、復興が進んだとはいえ、
まだ、仮設住宅にお住いの方もいらっしゃり、
不便な生活を強いられている方もいらっしゃいます。
もっともっと、日本全体で力を合わせなければ・・・と思います。

今日は、大学時代の友人が活動している
"Book and Dream Project"をご紹介いたします。

このプロジェクトは、ノート頒布の収益で支援金を作り、
児童生徒・青少年向けの書籍に充てるというものです。
ノートの絵は8種類、2冊セットで各1,000円となります(A5版68ページ)。
写真はクリックすると大きくなります
ノート1 ノート2 ノート3 ノート4

ノートの表紙の絵は、岩手県盛岡市在住の小山卓也氏、
元教員であり、元全国高等学校文化連盟会長さんのものです。
雄大で郷愁をそそる、素敵な絵です。

ノートは縦書きと横書きがあります。こんな感じ
ノート中

このプロジェクトの詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
ここをクリック Book and Dream Project

ご支援いただける方は、ホームページ『ご注文』からお願いします。

将来、地域を、日本を支えていく子どもたちに
一冊でも多くの本が届きますよう、ご支援よろしくお願いいたします。


人生初の富士登頂

今年最大のイベント、富士山に登る日が来ました
3000m級の山は初めてだし、夏バテで体力も心配でした
でも、行きたい気持ちを強く持って、参加しました。
Mさんの応援も後押し

あ~~ 一日目はバスで富士吉田まで行きましたが、
お天気が悪くなる模様。
バスを降りて昼食後、登り始めると、雨は本格的に
ロビンは晴れ女なのにな~

それでも一日目は標高3000mの山小屋に着かなければなりません。
カッパを着てもずぶ濡れ。悲しくなります
何とか予定通りに山小屋に到着し、16時には夕食でした。
濡れた服や靴下やお金や諸々をストーブで乾かしながらおしゃべり。
酸素が薄くなるのを恐れて、しばしば、ストーブを消して換気します。
これも、初めての経験です。

消灯は9時。でも、8時にはお部屋に入ります。おやすみなさい

次の朝は快晴。3時半に起きると満点の星で一気にテンションは上がります
山頂目指して登山開始

八合目辺りの見晴らしのいい場所で、まずはご来光 
2014.09.02.5:01 2014.09.02.5:10 2014.0902.5:29
山中湖の上にかかる雲はまるで帽子のよう

だんだん、富士山らしい景色に変わっていきます。
RIMG0341.jpg RIMG0355.jpg RIMG0357.jpg 
岩ばかりの中、少しの砂を求めて、イワツメクサが咲いていました。
イワツメクサ がんばれー

鳥居をくぐって、やっと九合目 久須志神社
ここからお鉢回りが始まります RIMG0363.jpg

かなり、体力 気力で頑張るしかない
が、ここからがまた、手ごわい
何度か上り下りがありますが、あの有名な測候所に続く坂道が最強

壮観な景色に圧倒されながらも、気持ちが折れそう・・・
RIMG0366.jpg RIMG0368.jpg RIMG0378.jpg 
RIMG0384.jpg RIMG0385.jpg
そして、測候所のあるところが、剣ヶ峰、標高3776m、日本最高峰なのです 日本最高峰地点

そして、下山道へ
ロビンたちは、須走口目指して下りました。
最後にこんな過酷な道が待っているとは…予想しませんでした。

足をとられてしまうような砂に大小様々な石(岩?)が混じり
そのような道が、限りなく続き、
悪夢のようでした
も~~~、足は限界をとっくに超えていますよ~
これでロビンは、一段と(?)忍耐強くなったかもしれません。

そういえば、この感覚。どこかで味わった・・・・・
そうだ! マラソンだ! 
「なんでこんな辛いこと、やってるんだ!?」
「ここで止めるわけにはいかない、歩かなきゃ!」
そんな思いは、マラソンの時と同じでした。
それにしても、あとどのくらい歩くかを知らずに
途方もなく歩くのって、辛いものです
バス停が見えた時は、神様に感謝!でした。

そして、一路新松田駅へ。
駅に着くとさっきまでのことが嘘のように、
みんなで 一緒に苦楽を共にするのもいいものです。
(と、この時点になると余裕の発言)

大雨の中の登山、辛かったお鉢回り、悪夢のような下山道。
今回は、数ある山行の中でも、忘れられないものとなりました。
日本一の山の神様は、そんなに簡単に富士山を考えちゃだめだよ、
とおっしゃっているようでした



プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。