スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦秋の洗足池公園

こんにちは
ちょっと時間があいてしまいました。久々の更新でーす

秋はイベントが多くて、ちっとも家にいられません
家はシジュウカラ(始終空)なんです~(笑)

さて、地元と言っていい近さの洗足池。
子どもの頃によく遊びに来ました。
ここで最近観察会を行っています。
親子さんがたくさん来てくださいます。

洗足池1 洗足池2 洗足池3
紅葉は青空を背景に、下から撮るのがgooですね

この公園には勝海舟さんのお墓があるんですよ。
ここがお気に入りの理由は…かつては富士山も見えたとか。

ユリカモメやカワウ、そろそろカモも渡ってきました。
時々、カワセミもいます。
カワウ・ユリカモメ

クモの種類も多い=結構、自然が豊か 
トタテグモの巣
トタテグモの巣です。松葉でドアを開けさせていただきました

夏にはセミの羽化観察会を行います。これが超人気イベントで
100名ぐらいいらっしゃいます
セミの産卵痕を見つけました
杭に1個ずつ産み、前進していきます。
だから、痕が並びます。産卵痕
この中にいる卵から孵ったセミには、5~6年後に出会えるってことです
ガンバレよー

今、見頃の花はホトトギスとツワブキ。
ホトトギス タイワンホトトギス ツワブキ

こんな綺麗に紅葉したヌルでは、東京で初めて見ました。感激
ヌルデ

この美しい紅葉が散ったら、東京も本格的な冬です。



スポンサーサイト

陽だまりの多摩川河原

東京は一気に冬モード
寒いの覚悟で多摩川まで出かけましたが、
陽だまりは暖かくって、汗かきました

オギの穂がお日様に当たって
本当に綺麗です
東京人は、こんな風景でも感激しちゃいます~オギ原
ドーンとでっかくいきました~
子どもたちが小さかった頃、
この辺りで、オギを集めて、フクロウを作りました。
懐かしい~~~

最近よく見かけるセンダングサの仲間。
センダングサの仲間

よく見ると、白い舌状花の部分が不規則なサイズと形をしています。
アイノコセンダングサ

コシロノセンダングサとコセンダングサの雑種で
アイノコセンダングサというと、書いてあるサイトがありました。
よく見ると可愛いですね~

この花に似ているものを園芸店で見ませんか

そうです
ウィンターコスモス
↑クリックしてみてくださーい! 似ているでしょう?

多摩川の脇の小さな川に、カモがやって来ていました。
この姿を見ると、ロビンは冬だ~と感じます。
マガモ 
♂の頭の羽毛の色が、エクリプスから繁殖期に移行する途中

こちらは、繁殖期に入ったかな~? メスを探します。
マガモ2

カモたちも冬の準備を始めました。
植物も種を作って、眠りにつく季節ですね。

さあ! 人間は…

初めてのお伊勢さん

「伊勢へ行きたい 伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」

江戸時代の国民の憧れ、伊勢神宮にお参りに行きました。
ロビンもこれが最初で最後になるのかな~

「神社」というものに興味があり、
出雲大社と伊勢神宮は是非行ってみたい場所です。
やっと願いが叶って、伊勢神宮へ。
特に今年は遷宮行事と重なり、
大変な賑わいでした。

大阪を朝7時ぐらいに出発して、伊勢市駅に着きました。
伊勢駅
すでに沢山の人
ロビンは超ラッキーで、空いているコインロッカーを一つ発見
幸先良し

参道を直進します。お土産屋さんがいっぱーい
その中でもロビンの目を引いたのは、レトロな佇まいの山田旅館です。
100年も続いている老舗旅館だそうです。
山田旅館
本来は伊勢に1泊してお参りするのがしきたりだそうです。
すみませ~ん、ロビンは日帰りで失礼します

伊勢神宮のお詣りは、外宮から。
参道の終わりに、外宮の入り口がありました。
まず、左側にある『せんぐう館』に入ってみました。

伊勢神宮の歴史や、遷宮についての情報がたくさんありました。

なぜ、20年ごとに遷宮するのか不思議でしたが、
わかってきました。
建築的に20年ということもあるのでしょうが、
ロビンは、その度ごとに新しくしていくことで
とても大きな意味があると感じました。

それは、技術の伝承です。

例えば、コンクリートで耐久性があれば、
それほど頻繁にリニューアルしません。
そして、機械が行えばいいのですから、
マニュアルがあればそれで済みます。

しかし、20年に一度となると、
その8年ほど前には準備が始まるとのことですから、
匠の技は、人から人へと
着実に受け継がれなければなりません。

これは、文化を守るという意味において
非情に重要だと思いました。

せんぐう館で知識を得てから、豊受大神宮(正宮)へ。
衣食住と産業の神様だそうです。
事前に本から得た知識では、
正宮では、個人的なお願い事は禁物
毎日無事、生きていることに感謝しなければならないようです。

豊受大神宮
衣食住が満ち足りていることに感謝しました

途中、流れていた五十鈴川の水は、とても綺麗でした。五十鈴川

その後、バスで内宮へ。

鳥居をくぐると、五十鈴川内宮 鳥居 五十鈴川2

いよいよ、皇大神宮(正宮)です。皇大神宮

そして、別宮をお詣りし、『個人的なお願いごと』
御利益ありますよーに

それにしても、人・人・人・・・
老若男女、みんな真剣にお詣りする姿を見て、改めて
神の国、ニッポンを感じました。 





神戸市立森林植物園

今月初めの連休は
二男のいる大阪に行って来ました。

今回は神戸まで足を伸ばしました。
と言っても、二男の住む豊中市からは結構近いんです。

訪れたのは、神戸市立森林植物園。
大学生の頃、神戸の街を歩きましたが、
ここは初めてです

六甲の山並みと自然を背景に、端正な樹形をした
針葉樹を林として植栽し、士気を彩る落葉樹や
花木をそえる」という構想のもとに、昭和15年(1940年)に
創設された総面積142.6haの樹林をみせる植物園です。(植物園ガイドマップより抜粋)

ここは、標高450m。高尾山よりも低い山です。
でも、冬の気温はかなり低いそうで、
レンジャーの方に、「東京より木が育たなくて貧弱でしょう?」
と言われました。
そういえば、東京のクスノキやケヤキは物凄く太いものもありますね~

それでも、まだ紅葉は始まったばかりです。
緑の中に赤や黄色が混じっています。
長谷池1 長谷池2 シアトルの森

1本の木を見ると、真っ赤に染まったものも…
カイノキ
カイノキは中国原産のウルシ科の樹木で別名ランシンボク。
東京の家の近所にもありますが、こんなに綺麗に紅葉したのは初めてです
中国の孔子廟に植栽されているところから学問の聖木とされています

もう一つ初めて見たのが、シーボルトノキです
シーボルトノキ
有名な植物学者、牧野富太郎さんが50歳の時に発見したそうです。
長崎出島にあるオランダ人医師、シーボルトの庭に植えられていたそうです

この植物園は、カエデの種類が多いそうです。
いわゆるモミジの形をしていないカエデ…
ウリハダカエデ チドリノキ
特に、チドリノキの黄葉は美しいのでロビンのお気に入りです。
でも、ちょっと時期が早かった

秋の木の実や花も綺麗
ヤブムラサキ クサギ リンドウ
どれもアクセサリーにしたくなります

こうして、彩り鮮やかな森も
もうすぐ冬支度。
今年は足早に冬がやって来るそうですね~







プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。