スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由が丘 丘ばちプロジェクト

お盆休みが終わったのに、まだまだ暑い日本列島。
いったい、どうなっちゃったんでしょうね(+o+)

ロビンは、お盆休みは関係なく、
忙しく過ごしております。
それで、やっとブログ更新となりました~

東京の目黒区にある自由が丘。
ここには1300軒ものお店が集まっています。
原宿だか渋谷だかわからない、隣り合った街が
入り混じっていることが多い中、
自由が丘は独立して、一つの街を形作っています。

その中で最近話題になっているのが
『自由が丘 丘ばちプロジェクト』です。
自由が丘 丘ばちプロジェクト

「丘」はもちろん自由が丘の「丘」
この街で、ミツバチを飼育し、その蜂蜜を使った
スイーツが生まれました
自由が丘 スイーツフォレスト

ミツバチの飼育はボランティア。
街の人たちが交代で世話をします。
住民によーく理解を得た上でのプロジェクトです。
だから、今では自由が丘の人たちは、
ペットのミツバチが食べる蜜の出る植物を
庭に植えたりしています。

すっかりお洒落に様変わりした街に
緑を戻すことはとても大変なことです。
でも、街の人たちは少しでも自然を戻すため、
ミツバチのために、緑を植えています。
緑化1 緑化2

スイーツフォレストは、新たに、ローズハニーを取るため、
バラを植えました。
バラ

飼育している場所は、見学不可ですが、こんな感じ。
ミツバチの家

ビルの屋上だから、風を防ぐ工夫もされています。
ミツバチのお家からは、自由が丘の街が一望です。
自由が丘の街1 自由が丘の街2

路に弱ったミツバチが落ちていました。丘ばち

ミツバチの巣はこんなに綺麗
ミツバチの巣

ハチの巣は「ハニカム構造」といって、
六角形のとても丈夫な構造をしているそうです。

買い物や食事で賑わう自由が丘ですが、
人間が少し手を加えるだけで
生きものが戻ってきます。
緑化している緑には、アゲハ、テントウムシなど
色々な昆虫が来ていました。

丘ばちプロジェクトは、地元の人たちを結び付けているそうです。

そして、花―蜜―ミツバチ―人間 という
『生きもののつながり』が街に生まれ、
都会であっても、生物多様性の豊かな街に変っていくことを期待します。
きっと、都会の生物多様性を守る良い例になるのではないでしょうか。





スポンサーサイト
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。