スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RQW活動展@神楽坂

たぶん、お聞きになったことないですよね

RQW

RQW(アール・キュー・ダブリュ)は、
RQ被災地女性支援センターの略称。
東日本大震災後、宮城県北部沿岸地域での支援活動を通じてはじまった、
一般市民によるボランティア団体です。
復興期に、女性たちが自分をいかし、元気に活躍できる場作り、
コミュニティづくりをめざしています。(以上 RQWのチラシより抜粋)


1月25日から27日まで、
東京の神楽坂で行われました。
ロビンのお友だちがここで支援に関わっているので
お邪魔してきました。
HPはここをクリック  RWQ

この活動はバラのエコタワシから始まりました。
これは以前ロビンが買ったバラ 気仙沼のバラ
洗剤なしで食器洗いをするものですが、
もったいないから、少し汚れるまではPC、テレビの液晶画面のお掃除に…

この日は、被災地の女性たちが生きがいを見出した
編み物が並んでしました。
RQW1.jpg (商品です)

展示1 展示2

エコタワシは、バラだけでなくマンボウ、ヒラメ、
地元の産物であるホタテ、タコ、ホヤなど今やバラエティーに富んでいます。
今回ロビンは、ホヤを購入。ホヤ
海老茶色の部分はホヤ本体。黄色の部分は内臓だそうです …芸が細かいね~…

こうして編み物をすることで、生きがいを見つけ
会話が生まれ、ちょっとのお小遣いを手にできるのは、
ただ、お金や物を提供するという支援よりどんなにか意味があることでしょう。

もう一つロビンが購入したのは、コースター。
ブックカバーは欲しいサイズが置いてなかったので次回に。
コースター
縫い物が得意な友達と行ったのですが、縫い方がとっても丁寧だと
超感動してました~

食べ物もありました。
「はっと」…去年東北に行って初めて知りました。
「すいとん」を平らに薄くしたもので、
汁の中に入れて食べます。
この日は「カニばっと」
カニばっと1 カニばっと2
カニのお出汁にはっとがマッチして、すっごく美味

おつまみ3点盛りも。
日本酒があったのでホントは飲みながらがいいのでしょうが、
ロビンは日本酒苦手 党。残念
おつまみ
内容は、カキのオリーブ漬け、サンマと
郷土料理の「あざら」。
メヌケ、赤魚などのアラと白菜の古漬けを酒粕で煮たそうです。
なかなか美味

そして、お漬物。買いたかったけど、まだ商品開発段階とか。
漬物

こうしてどんどん商品が増えていけば、
おばちゃん達がもっともっと元気になってくれることでしょう。
都会に住んでいる私たちにできる
細やかな支援は、消費。
震災から何年たっても、完全に復興できるまで
応援し続けたいですね。



スポンサーサイト

野鳥の大切な水場

この冬はなぜか、都会でもたくさんの野鳥を見ることができます。
夏の亜高山帯で見られるキクイタダキもその一つ。
ロビンは3回も「キクイタダキ」に出会いました。
針葉樹の高いところでホバリング
ロビンのカメラでは写真撮影は無理です

バードピア活動を始めてから、水場に興味が出て
そういう目で見ると、野鳥にとって水場がどんなに大切か
わかるようになりました。

今日はその例をご紹介したいと思います。

まずは、昨年の12月に行った京都御苑です。
大阪にいる二男の家を訪ねる度、ここに立ち寄っています。
御苑の中には野鳥のため水場を作っているのです。
京都御苑のヤマガラ
ヤマガラ2羽とキジバトのお尻、見えますか

個人のお庭でこのような水場は無理ですが、
いくつかのヒントはあります。

浅い水が常にあること
周囲が閉塞した環境でないこと
敵が来た時に逃げる場所があること

次に明治神宮。
参道の御橋の下を浅い川が流れています。
ロビンが通った時、複数の種類の野鳥が水浴びをしていました。
写真はシメの水浴びです。
明治神宮のシメ

これも明治神宮です。
側溝の水たまりにヤマガラが水浴びをしていました。
明治神宮のヤマガラ

もちろん水鳥たちには、水場が必要。
こちらは深いのがいいですね~ 
オシドリ♀
ナイスショットでしょ

一番最近行ったのは都立桜ヶ丘公園。
流れのある浅い場所で、ルリビタキが水浴びをしました。
人が見ていてもお構いなし
水浴び前  ⇒  水浴び後
ルリビタキのオスは、色の変化が大きいですが、
この子はまあまあの色かな…

同じ公園でコゲラが枝をコンコンやって
餌を探していました。
桜ヶ丘のコゲラ

冬は虫を探すのが大変です。
ロビンの家では厳冬期だけ、庭に脂身を準備しています。
木の棒にバラ肉の脂を巻きつけて針金で縛ります。
小鳥(我が家ではメジロやシジュウカラ)は棒につかまり
餌をつついて食べます。
お皿に置くと、カラスやヒヨドリが
丸ごとさらって行くのでご用心
メタボになっちゃいますよ~
メジロと脂身

ロビンのバードピアには、カキも置いています。
割箸で固定して、持って行かれないように
柿とメジロ

ここはダイニングテーブル兼お風呂。
そして、トイレにもなっているんです
トイレ

さあ 誰が何を食べたかわかるでしょうか

新年初登山

初日の出に続いて、初登山
富士山の姿が美しく見えるという山に登りました。
といっても一つの山ではなく、

猿橋駅(山梨県)~権現山~麻生山~三森北峰~鋸尾根~大月駅

贅沢な?新年登山です。

猿橋駅からバスで浅川へ。
今年一番の寒さだそうで、道は凍り、
湧水は時間が止まったよう。霜柱も特大
湧水が凍る  特大霜柱

外気が冷たいから、歩くのが嬉しい…のはロビンだけかな??

いやいや、カケスが「ギー ギー」と元気よく出迎えてくれました。
至近距離だったから美しい羽がバッチリ見えましたよ
特に、翼の青と白の縞模様に見える部分が目立ちます。

段々温かくなり、1枚脱ごう!  じゃなくて、インナーダウン

北側斜面には何の植物にできたかわからないけど、氷柱がありました。
控えめ氷柱

休憩した場所で見つけたのはウスタビガの繭でした。
寒そうに風に揺れていますが、中は空っぽ。
黄緑色が目立ちます。ウスタビガ繭

ここから少し頑張ると、権現山の山頂に着きました。権現山山頂
南側は雲で山頂からの眺めはイマイチですが、
反対側は綺麗に晴れていました。権現山山頂より
山の達人には、どれが何の山かわかるそうですが、
聞いていても、なかなか覚えられません
ここで、早めの昼食を済ませ、「ここが出発点」という言葉を
何となく聞いて出発

枯れた森の中にも、美しいものを見つけました。
コバノカモメヅルの種
コバノカモメヅルの種が弾けたのではないかと思います。

黒っぽいスズメより少し大きい鳥が2羽横切りました。
クロジかもしれない…

しかし、徐々に周囲への注意が難しくなりました。
上りも下りも、急で岩や根が出ているんです。
お尻を低くしたり、後ろ向きになったりして降りました。
落ち葉が積もっていて、下に木の枝や岩があるのがわからないため、
ゆっくりゆっくり歩かなければなりません。

麻生山に登り、やっと三森北峰に到着
山頂に不思議な鏡があるという噂の場所です。
鏡
不思議でしょう 誰が担いで持って来たのでしょう
そして、何のために

権現山・麻生山を望む  笹尾根を望む  富士山を望む

ここからは、360度見渡すことができます。
今日のメインイベント

山頂にある木にはヤドリギ。
鳥がヤドリギの実を食べ、どこかから飛んできて
あの木に糞をした証拠です。ヤドリギ

今まで地面を這って歩いて登ってきて、
鳥たちの声が「なんで飛ばないの? 飛べばすぐ山頂だよ~!」
と言っているように聞こえましたが、
ここ山頂では、鳥になった気分。
まさに、眼下の山や町が鳥瞰図のようです。

が、ここからがもう一つのメインイベント開始

鋸尾根へ出発です。
ロビンはついに、カメラをリュックにしまいました。
そうしないと、危ないからです

文字通り、鋸の歯のようにギザギザの道、
アップダウンの連続
しかも、どこの道も落ち葉が積もり、
深い所では、膝より上の高さです。
下に何があるか、どこが道かわからないという不安で
ゆっくりゆっくり歩きます。
この道が長かった~~~最後は飽きてしまうほどです。
権現山で「ここが出発点」と言われたのがやっとわかった次第です。

アスファルトの道に出ると安心
これで転ぶことも道に迷うこともありません。
かなりハードな初登山。
だからこそ、ちょっと自信になりました。

シーズンに向けて、さらに体力をつけて
高い山に挑戦したくなった一日でした。



2013 初日の出

新年あけましておめでとうございます

すがすがしい、2013年元旦を迎えることができました。
皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末、ちょっと体調悪いかな~と思っていましたが、
大晦日に完全復活
マラソンの師匠を誘って、初日の出を見に行きました。

2年前は、かなり張り切って夜中に出発し、
海の見える場所までジョギングして行きましたが、
今年は、競歩で多摩川の土手にしました。
しかも、近いとあって日の出時刻の6:50を目安に行ったので、
途中でかなり明るくなり、焦りました

丸子橋には人がたくさん、
高台の浅間神社も初日の出を待つ人たちでいっぱいでした。

太陽が昇る気配 初日の出20131

朝早くから、ヒドリガモやオオバンがお食事中 水鳥131101

空を見上げると、カワウが隊列を作って カワウ130101

み~んな早起きですね~

朝焼けが空を染めて… 初日の出1301012

眼下の川面を見ると、湯気のようなものが見えました 
湯気? 見えますか???
夏のプールでは湯気は立たない、雪国の露天風呂では湯気が立つ。
 つまり、川の水の方が気温より温かいってことかな?????

水面に映る雲の様子も、刻々と変わります。
川に雲1 川に雲2 川に雲3

雲が多くてよく見えませんが、どうやら太陽が顔を見せてくれるようです。
日の出1 日の出2

今年もいい年になるよう、手を合わせてお祈りしました

日の出前には灰色だった富士山も日の出前の富士山

白い雪がくっきり見えてきました 白い富士山

近くにある「浅間神社」にお参りをして、家まで1時間ほど歩き
初日の出ウォークは終了

何しろ、師匠とロビンの長男は、今年年男で
しかも『厄年』
例年にも増して、念入りにお参りしたのでした












プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。