スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の山行

今年最後の山行でした。
そして、今年最後のブログになると思います。
6月の骨折で、思うように山に行けず、
バドミントンもできず・・・
それでも、たくさんの出会いがありました。

今年は、東高尾から津久井城山の山行で締めくくります。

高尾山は、世界的に有名になってしまいました。
しかし、多くの人が知らない道がたくさんあるのです。

例えば、高尾山の金毘羅台に続くと言われる金毘羅山。
金毘羅神社
頂上には神社がありました。
ここから、金毘羅台を目指して登ったとか…

そして、四辻、草戸山を目指します。

四辻へ
見晴らしのいい尾根を歩きます。

今日の歩行時間は6時間。写真を撮る時間もままならない…

落ち葉の積もった道でも、可愛いコウヤボウキ。
コウヤボウキ赤花
これは種です。タンポポみたいに綿毛があり、ピンク色。
可愛いですね
綿毛を飛ばすと… コウヤボウキ
萼片だけが残っています。これも可愛い

スギ・ヒノキ林が点在する山々、かつて人々が利用していたんですね。
四辻~草戸山

昼食後は、津久井城山へ。
津久井湖は神奈川県の人造湖の一つです。
この辺りには、相模湖、宮ケ瀬湖もあるんです。水源豊富
津久井湖

橋の向こうに城山。津久井城山

この城山、低くて大したことないと思いましたが、
下りの鎖場は凄かった
一瞬も鎖を手放せない

立派なスギが山を守るように聳え立ち大スギ

低い山もバカにしちゃいけないよ、と上から見下ろされたみたいです

こうして、無事に下山し、忘年山行は終了です。

来年は、早くバドミントンができるよう、
握力アップしないとね。
そして、夏には高い山に登れるよう、
ちゃんとトレーニングしなくちゃ…と心に誓いました。

皆さま、今年もありがとうございました。





スポンサーサイト

高尾山のシモバシラ

朝のピンポイント天気予報を見ると、
八王子市晴れ 最低気温-3度
高尾山のシモバシラを見に出かけました。
外気はお昼を過ぎても冷たく
霜が融けません。
霜

これは本物の霜柱。
霜柱
最近、都内ではめったに見られません。

さてさて……シモバシラというのは、夏に白い花を咲かせる
シソ科の植物です。
シモバシラの花

冬になりこの植物が枯れても、根は活動していて
水分を吸い上げる力があります。
気温が氷点下になると、吸い上げている水分が凍り、
氷の芸術作品になるのです。

高尾山頂から少し下りたところに
シモバシラが群生しています。
シモバシラ

今年は気温が低いせいか、大きな氷柱ができていました。
ドンドンお見せしますっ
2012シモバシラ13 2012シモバシラ5 2012シモバシラ8

2012シモバシラ10 2012シモバシラ19 2012シモバシラ21

2012シモバシラ22 2012シモバシラ17

拡大してみると…2012シモバシラ18 
飴細工みたいですね。
あるんですよ~ 仙台のお菓子、『霜ばしら』。そっくりです
クリック  霜ばしら

こんな素敵な自然の芸術がずーーーっと見られますように

部分的に開通した『圏央道』が、
高尾の自然にどんな影響を与えるのか?
影響が出ても、その頃私たちは生きていません。
責任取る人がいないってことです。
圏央道 バイパス?

自民党政権が、自然にも配慮した公共事業を進めることを
切に願います。

服部緑地公園@大阪・豊中

早春に次いで今年2回目の大阪の旅です。
二男の部屋がひどく寒いそうで…
ちょっと覗きに行きました。
確かに寒い
朝起きたら、部屋の中で息が白かった

それで、窓に省エネ用のフィルムを貼ったり
ちょっと広めの部屋なので、真ん中にカーテンを設置して
熱を閉じ込めることに。。
で、よく見たら、窓の換気用の部分が
え~~~ 「開」になっていた
つまり、外気が出入りしていたってわけ
まったくーーー

それにしても、寒い。
どうせ寒いなら外にいるほうがいいな~
試合で早く出かける二男を見送って
ロビンもお出かけ…じゃなくて もちろん、公園へGo

初日は、家の近くの服部緑地公園というところへ行きました。
曽根という駅から歩いて15分くらい。
公園の端っこに着きました。
若竹池

服部緑地公園は、甲子園球場の33倍。
そうか、東京ドームと比べない…当然か。。
日本の都市公園100選、10数個の池が点在し、
緑地のほぼ全域が風致地区に指定されているそうです。
また、北部に広がる竹林が「千里丘陵の竹林」として
「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれているそうです。
こんな素敵な場所が近くにあったとは

実は、冬鳥に出会いたいと思っていましたが、強風でそれどころではない
鳥にはあまり期待せず、紅葉を楽しみました。

風光明媚な都市公園。
ラクウショウの林

紅葉が綺麗です。
モミジバフウ メグスリノキ ウリハダカエデ

サトウカエデ サトウカエデは、メープルシロップをとるカナダの国旗のカエデです。

種も公園を飾ります。
モミジバフウ ユリノキ アキニレ

ヒマラヤスギ ナンキンハゼ シナサワグルミ

松林や竹林の美しさも有名だそうです。
クロマツとアオサギ 竹林と紅葉
クロマツの上にとまるアオサギは優雅ですね。

イヌビワ
イチジクに似た実は、イヌビワ。
小さな実の中に、冬越しをしている
イヌビワコバチという昆虫の卵か幼虫が
眠っているかもしれません。

こうして、冬越しの準備は着々と進められています。

そして、我が息子の冬越しも
何とかできそうで、ホットしました



 




東京の紅葉

青空に紅葉が映える季節が
東京にもやって来ました。

ロビンが東京で最も紅葉が美しいと思う場所…
皇居東御苑に行きました。

ここは、天皇皇后両陛下がお住まいになっている
皇居の一角
一般に公開されています。

大手門を入るとまず目に付く
マツとモミジ12125 (3)

大手町の喧騒から逃れて、
ゆったりと時間が流れ始めます。

立派な石垣を眺めながら、なだらかなスロープを上ると、
二の丸雑木林に着きます。
12125 (1)  足元は落ち葉の絨毯12125 (5)

紅葉が美しい代表選手はやっぱりモミジですね
色々な姿を見てくださいませ。
12125 (9) 12125 (10) 12125 (15)
グラデーションがgoo!ですね~

アップにも堪えられる 12125 (6)

種も可愛い 12125 (8)

日本庭園を歩きました。
池に映る紅葉も綺麗です。
12125 (12) 12125 (2) 1212525.jpg

ハリギリ、マンサク、ハゼノキの紅葉もnice!
ハリギリ マンサク ハゼノキ

寒い時季でも咲いている花、頑張っています。
チャノキ コウシンバラ キチジョウソウ
東御苑には今でもお茶畑が残されています。
ここのお茶を飲まれるのでしょうか?

一角にバラ園があります。野生のバラ、外国のバラがあります。
コウシンバラ(庚申薔薇)は中国原産だそうです。

サクラバラの実も美しい…
園芸種かと思ったら、ノイバラ・コウシンバラの自然交雑種だそうです。
サクラバラの実

ちょっと…かなり日影になっているので、
頑張って首を伸ばし、太陽の光を欲しがっているツワブキたちです。
ツワブキ

鳥たちにも優しい東御苑。
タチバナの実は野鳥が食べたのでしょう。
こんなに豊かに実ったムラサキジキブも珍しい
食料豊富な東御苑には、
まだまだ冬を越すための食料がいっぱ~い
タチバナ 誰が食べたの?12125 (20) ムラサキシキブ

こうして、豊かな時間を過ごし、
また、ビル群の喧騒の中に戻って行きました。
お濠の脇に並ぶイチョウが黄色く色づいていました。
もうすぐ、枝だけになり年末がやって来ます。
丸の内

時間が過ぎるのははやいですね















プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。