スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南三陸町

宮城県南三陸町へ行って来ました。

防災庁舎で最後まで非難を呼びかけた職員が
行方不明となった場所です。
RIMG0216.jpg

この日から現場検証が始まったとのことで、
庁舎のそばまでは行けませんでした。

庁舎から離れたところに、お花が供えられていました。
RIMG0221.jpg

瓦礫があちこちに残ったまま、
復興は進んでいない様子です。

オブジェのように置かれた白いものがありました。
RIMG0218.jpg
文字が見えるでしょうか?
「父のパン復活 次代へバトンをわたす」
と書いてあります。

こんな看板のようなオブジェのようなものが
ところどころに見られました。

復興を祈る塔のように見えます。

遠くに見える山の下の方に
赤茶けた木が見えるでしょうか?
RIMG0219.jpg RIMG0222.jpg

塩害で枯れてしまったスギの木々です。

牡蠣の養殖を開始したという方にお話を聞きました。
お父さんと一緒に仕事をしているという
27歳の若い男性でした。

湾には水門がありますから、
津波はその複雑な水の道を通って来ました。
車や家も意図も簡単に動かしてしまうエネルギー。
その力強さと複雑な力を表しているものがあると
見せてくださいました。
RIMG0225.jpg
このような場所のある部分が、想像もつかない形に変形してしまいました。
RIMG0224.jpg
自然の力は人間には想像もつきません。

若者は言いました。
「箱モノの津波資料館のようなものを作るより、
このような津波の遺物をそのまま残して
後世に伝えるほうが意味がある。」と。

さらに、言いました。
「自分は家族全員が無事だったが、
津波の遺物を残すと、辛い思い出が蘇る人もいる。
そういう人の気持ちを考えたら、
自分には絶対に残してほしいとは言えない。」と。

今、彼は地元の若者たちで協力し、
地域の再生に奔走しています。

「とてもしっかりしているから、私の息子にも話を聞かせたい。」
と言ったら、
「自分も津波の被害を受けるまでは、
毎日何も考えず、暢気に暮らしていました。
津波が自分を成長させたんです。」と言っていました。

彼の言葉一つ一つに、
力強さと、確かさと、ひた向きさを
感じました。

瓦礫に囲まれた中にあっても、
一筋の光が見えた気がしました。

こんな支援の方法もあります。
ご興味のある方はご覧ください。
ここをクリック
結っこ基金

いろいろな方法で、みんなで支えていけたらと思います。
スポンサーサイト

尺八×マリンバ

もうすぐ1週間がたってしまいますが、
尺八・マリンバのコラボのコンサートにご招待いただきました
藤原道山さんとSINSKEさんです。
Official Web Site

どんなコンサートなんだろう?
初めての経験でした。

主催は目黒ユネスコさん。
次世代に向けての

『平和と文化のメッセージ』

がテーマです。

西洋の楽器、と思っていたマリンバは
実は、アフリカが起源で、
のちにラテンアメリカ、アメリカに持ち込まれ
近代的に改良された楽器と聞いて、ビックリ

そういう経路をたどり、西洋楽器という地位を得ていたのでした。

この楽器が、お友達のトラエさんの家にあったのを
思い出しました。
コンサートで聴くと
木製の鍵盤を叩く音色は、
幻想的な音でした。

一方、尺八は伝統的な和楽器の代表選手。
竹の管を通って出てくる音には
和服が似合う…気がします。


そんな二つの楽器が一緒になって、
お互いの個性を主張し過ぎず、
ハーモニーを作り出すということは、
まさに、ユネスコさんの思いが
込められているように感じました。

曲目は、馴染みのある
「この道」「荒城の月」のような日本の楽曲、
「管弦楽組曲 第2番より」「タンゴの歴史より」「展覧会の絵」などの
クラシック音楽、そしてオリジナル曲と
幅広い演奏を楽しみました。

音楽にかなり疎いロビンですが、
このコンサートには、とっても感動しました。
伝統的でない新しい音楽として、
「音楽通」でなくても、感覚で楽しめました。

そして、ロビンは、
楽器が木や竹でできているところに着目
音楽を作った人間は、もちろん素晴らしい。
でも、木や竹がなかったら、このような音楽は生まれなかった

やっぱり、人間は自然の恩恵を受けているんですね~

秋の野川から多摩川を 歩いて歩いて歩きました

よく歩きました

狛江市役所で、知り合いが菊の展覧会に出品、
ということで、ご案内をいただきました。
家から2度乗換えないと…
せっかくだから、二子玉川駅から歩いちゃえ

ニコタマ駅から野川を上って行きました。
時間をかけると、いいことありますね

キセキレイが物色中 キセキレイ

最近、カワセミを見慣れてしまい、有難味が少ない
しかし、今日のカワセミは、公園によくある人工的に作られた
お立ち台にいるのではなーい
これじゃなくっちゃね
カワセミ1 (1) カワセミ2 カワセミ3

ゲットした魚は、思いの外大きく、困った様子…
でも、石にぶつけて、最後にはゴックン
満足げに見えました。

1時間ちょっとかけて狛江に到着。
菊を見て、昼食を済ませ、今度は多摩川の河原へ Go

堰には、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、カワウ…
もう、ヒドリガモが日本に到着していました。

水辺はいいですね~ 
空も広いし、み~んな伸び伸びと暮らしているように見えます。

アシハラ

ここ狛江の河原は、
国土交通省河川局が始めた
「水辺の楽校プロジェクト」に登録した場所です。

水辺の楽校プロジェクト

ボランティアで環境整備を行っています。

秋の河原は、ススキ、オギなどのイネ科の植物オンパレードです
チカラシバ チカラシバ
最近園芸店でも売っているチカラシバ。力強さが特徴

セイバンモロコシ? セイバンモロコシ
たぶん、セイバンモロコシ。多摩川で圧倒的に増えている外来種。

穂をよく見ると、どれも可愛い

イネ科といえば、スズメ。
冬になると群れを作り、イネ科などの種を食べるのを
よく目にします。
スズメが減ったという話題はよく耳にしますが、
多摩川では減った気はしませんね~
スズメ

草むらには臨月?のナガコガネグモを見つけました。
これが苦手なブロガーさんがいらっしゃるのは
知っていますが…ゴメンナサイ
ナガコガネグモ
お腹デカっ

どうしても、背面から美しい模様を撮りたかったけど・・
気配を感じて、網をユラユラユラユラ~~、揺すぶってました

ナガコガネグモ

ごめんね、脅かして

途中、ジョウビタキやホオジロにも出会いました。
この冬は、たくさん野鳥に出会えそうな予感
去年は、全くの外れ年だったからね~


夕暮れ迫る二子玉川駅。
ニコタマ夕焼け 実物はもっともっと美しかった・・

今日も一日が無事に終わると感じる瞬間。
沢山の人たちが、この美しい風景を
写メで撮っていました。
今日も一日、ご苦労様でした~


プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。