スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爽やかな六月の代々木公園

今日は六月にしては珍しく爽やかな晴れ間。
こんな日は、腕を吊ってでもお出かけしたい気分


ところで、この度、“自分観察”で気づいたことがあります。
骨折の影響で手首から指にかけてグローブのように腫れているんですが、
浮腫むと血液が回らず、爪にも栄養が回らず…全然伸びないんです。
今週、やっと伸びてきました。
恐ろしいことです。


さて、無駄話はこのくらいにして。
今日は、都立代々木公園に行ってきました。yoyogi park

平日でもたくさんの人
セリフの練習、犬の散歩、日向ぼっこ、それぞれの目的で都会のオアシスに集まってきます。

そして、カラスたちは水浴び
山梨のカラスの巣

明治神宮に隣接する代々木公園は、
かつては陸軍代々木練兵場、戦後は米軍の宿舎・ワシントンハイツ、
東京オリンピックの選手村という歴史を駆け抜け、
様々な人々の思いが凝縮した、素敵な公園です。
今では、都民の憩いの場、そして、明治神宮と一体となった
生きものたちの棲家でもあります。

今日撮った写真を見て、あらためて思いました。
緑がいっぱい! 今日のブログは黄緑色

公園の入り口にクスノキの幼樹があり、虫食いの痕が
何かいると思ったら、やっぱり! アオスジアゲハの幼虫です
アオスジアゲハ幼虫

歩いていくと、いい香り
焦げたお醤油みたい、これはカツラです。
カツラ2  カツラ1
この香りと、ハート型の葉っぱが特徴です。
あれれ 葉っぱの縁が丸く切り取られています。
きっと、ハキリバチの仕業ですね

春に咲いたキリの実がたわわに。重そうです
キリ1
バナナだったらいいのにな~

これは、もっとバナナみたいですよ。カツラ3
さっきのカツラの実です。

園内の数では一二を争うケヤキの幹に見つけた昆虫。
カモフラージュしてるみたいですね。
隠れているつもりでも、ロビンの目はごまかせないぞ
ヨコヅナサシガメ  ナガゴマフカミキリ

クモの幼体も…クモ

最後に、代々木公園から渋谷駅への途中で、
ナミアゲハの産卵に出会いました。
メスはミカンの葉に止まると、お尻を曲げて、
一個ずつ卵を産み落としていきました。
卵は成熟するにつれて、青っぽい白→黄色→黒に変化していくみたいです。
産卵直後 ⇒ ナミアゲハ黒い卵

そして、生まれた! ナミアゲハ生まれた!

都会でも、生き生きと生活しています。











スポンサーサイト

小鳥にも庭を 6月

骨折をして、10日が過ぎました。
まだまだ、試練の日々です

でも、ブログを見た方から、お見舞いメールをいただいたり、
仲間からの励ましの言葉をいただいたり、
健康では感じることのできない、温かい毎日でもあります。
ありがとうございます

夏に向かい、またお仕事も多くなります。
一刻も早く治したいと思っております。


今日は、お庭に目を向けて見ました 

3月に、バードピアのお話をしました。
私も登録しています。  3月の記事はこちらから!

その後、庭は緑が繁り、狭くなったよう
6月の庭はいつもこんなふうにワイルドです

雨に濡れて、いい女? それとも悲しげ?
ナンテン センリョウ ホタルブクロ ヤブコウジ
きっと、悲しいね 花粉を運んでくれる虫たちが来ないから…

もうすぐ花開く季節の主人公たちもスタンバイOK
キキョウ ギボウシ ノブドウ

そして、これは大発見です
たいてい、樹木や草の種は秋に実ります。
そして、春になると芽を出します。
3月に芽生えたエゴノキはこんなに育ちました
エゴノキ発芽  エゴノキ

しかし、今になって芽生えたヤブツバキ…驚きました
ツバキ芽生え2
まだまだ小さくて、言われないとツバキとは思えません。

そこでロビンは考えた、なぜ、今芽生えるのかと。

うちの辺りではもう下火となっていますが、
6月はチャドクガが発生する季節です。
公園のツバキ、サザンカ、チャノキにはたくさんのチャドクガが
チャドクガ
毛虫嫌いな方は、クリックされませんように

春に芽生えたら、今頃、チャドクガの餌食になっているのではないでしょうか?
これは、単なる偶然でしょうか?

これがロビンの推論です

小鳥が来て滞在してくれるような庭造りを目指し、
今年は日本自生のエゴノキとヤブツバキを発芽させることに成功しました。
次は、この木が大きくなり花を咲かせ、実を結ぶのが目標です。

夢が膨らむロビンの庭です。
 膨らんだ右手の指は、早くしぼみますよーに





  

1本のケヤキに集まる生きものたち

不自由な生活から6日ほど。
そろそろ、動きたくてウズウズ
○○山ぐらいなら、行ってもいいわよね~?
と、友だちに尋ねたら、
三角巾ぶら提げて、山行く人いないわよ
と、笑われ、たしなめられ…止めました
それでも、歩かないと体力が心配
毎日、近くの○○の森に通っています。

近くても毎日行ったことはありませんでした。
こうなったら、新発見しなきゃ


さぁて、今日の発見です

ロビンは1本の木に注目

そう、大きな大きなケヤキです。
この木は、生物多様性そのものでした

ムーアシロホシテントウの蛹とまだ色づいていない成虫。
ケヤキ18  ケヤキ17

この木にいるのは、前から知っていました。
なぜいるか? 餌になるアブラムシが豊富だから
生まれた子たちが困らないように、
お母さんは、ここに卵を産んだのです。

クモの卵のうやクモもいます。
クモは見つかりますか?
ケヤキ16  ケヤキ14

穴の中にはケムシが見え、周辺にはアリ。
キセルガイもいます
ケヤキ11  ケヤキ13

木の一部は腐りかけているため、
ダンゴムシたちが、喜んでいるようです。
ケヤキ9
これは、♀のダンゴムシ。模様がオシャレでしょ?
ケヤキ10

そして、この日一番の感動は、
マダラマルハヒロズコガの幼虫です。
分解すると、斑・丸翅・広頭・小・蛾
覚えにく~い

ツヅミミノムシ(鼓蓑虫)とも呼ばれているそうです。
この子ですっ
ケヤキ1マダラマルハヒロズコガ

ブラブラ揺れてケヤキ6  横から見るとケヤキ8
瓢箪型2枚が張り合わさって、その間で幼虫が自由に出たり入ったり

うわっ たくさん見っけ
ケヤキ15

今まで気づかなかった生きものですが、
目が慣れると見つかるものです。
まるで、ケヤキの樹皮に似せてカモフラージュしているよう。

家に帰って調べたら、
アリを食べるとか、地衣類や微小生物を食べるとか…
生態はよくわかりませんでした。
引き続き注目したいです。

1本のケヤキに様々な生きもの。
植物って、生きものの基本ですね。
それをめぐるドラマから目が離せません。
  
  


テントウ? 転倒?

昨夜のオーストラリア戦、
アウェーで勝ち点1ならOKとはいうものの、
疑問も残り、残念な部分もありましたね~

あんなにイエローもらって、次の試合はどうなるんでしょう


私も日曜日に山に行って、イエローもらった気分
いや、レッドかも…

心配していたお天気も、現地に着くと晴れ間が見え、ラッキー
でも、甘くはなかった。
やっぱり夕方には雨か…という風向き。
西丹沢の加入道山から大室山に着いたのは11時頃。
大室山

昼食を済ませて、早めに下山開始。
まだまだ若葉の森を横目に…
美しいカメノコテントウをパチッ
カメノコテントウ

そして、下山開始15分くらいで、テントウ…じゃなくて転倒
というか、急な斜面に設置された木の階段を降りる途中で
足を滑らせて尻もち
お尻は全然痛くなかったけど、全体重を支えた右手がいたーーーい

ひび? 骨折? 捻挫?
わからないけど、降りるしかない。。
濡れた道も、荒れた道も、注意して転ばないように…

そして、自宅に戻り手首はズキンズキン。
救急病院に行ってレントゲンを撮ったら、やっぱり骨折でした

この度、初体験。
恥とわかってはいますが、ブログで公開しちゃいます。


ベッドに横になり、指先に抜けないサックをはめられ、手を吊りました。
その上、L字になった腕の部分に重りをかけて、
つまり、指は上方向に、腕は下方向に引っ張られました。

あ~こうやってズレた骨を合わせるのか、と思っていたら、
「心の準備ができたら言ってね。」
「え~~~
「骨を元に戻すから」
「麻酔は
「麻酔はかえって痛いよ」
「あ…もうしょうがない、いきます!」
「そう、待ってもしょうがないよね」
イケメンの若い先生の言葉とは思えませんでした

「いたいーーーやめてーーーうううう…

こんな経験二度といらない


それでも、腕のいい先生だったんですね。
骨は今のところ、ちゃんと修復できているみたいです。
指も動くようになったし、
私もショックから立ち直ったし、
仕事も家事もPC操作も大変だけど
こうなったら、「早っ」と言われるように、
頑張って直すぞっ
目標に向かって、Go




キュウリ 初収穫!

ゴールデンウィークの頃、キュウリの苗を買いました。

特にキュウリを植えたかったわけではありませんでしたが、
たまたまお店の前を通ったら、太ーい茎のキュウリがあったんです。
聞いてみたら、接ぎ木をしたキュウリだそうで、
お値段も細ーいのより若干高めでした。
接ぎ木のキュウリだと、失敗がない、この苗でキュウリができない人はいない、
と脅かされたみたいでしたが、挑戦することにしました。

ずいぶん前に区民農園を借りてキュウリを育てた時は、
うどんこ病になり、白い斑点が…

今年は頑張りましょう

今年は比較的気温が低めだったような気がします。
苗の成長が遅いような???
でも、お店の人のいう通り、葉の元にはすぐに花が見えてきました。
雌花 ⇒ 2012.05.30キュウリ雌花

どんどん雌花が出てきます。
キュウリは雌雄異花、つまり、一つの苗に雌花と雄花がつきます。
昆虫が受粉してくれるのですが、
近くにキュウリの花はあるのでしょうか
自家受粉するにも、我が家のはまだ、雌花だけです

確かに、100mぐらいの範囲には咲いているかも…

調べてみたら、単位結果性が強いため、結実するそうです。
だから、受粉の心配はいらないとか。

そして、どんどんおおきくなりました。
2012.06.01キュウリ ⇒ 2012.06.02キュウリ

やっと、雄花も一つ開花
2012.06.02キュウリ雄花

自然界では、圧倒的に雄花の方が雌花より多いんですが、
人間の食料として、雌花が多いように改良されているのでしょうか
なんだか、神への冒涜みたいな…

もちろん、虫たちもやってきます。
日中は、ハナアブやハエや甲虫が飛んできます。
一日中葉の表か裏にじっと獲物を待ち構えるのはクモ。
2012.06.03クモ
辛抱強さに脱帽

そして、本日、初収穫となりました~
今夜は、お味噌をつけていただきまーす
2012.06.03キュウリ初収穫
ちょっと、栄養不足かもしれません。もう少し肥料を与えないと。。
因みに、肥料は根の周りに穴を掘り
お茶ガラなどの生ごみに(好気性は間違いでした→)嫌気性の微生物を入れてから、穴を埋めて水をやります。
土に戻るまで時間がかかるので、少しは油粕を与えることにします。

今の状態は…
2012.06.03全体
茎が伸びたい方へ伸ばしてしまったのですが、
普通畑では、茎を上に伸ばして、支柱にとめてありますね。
どっちがいいのでしょうか?
横に伸ばしたため、キュウリが垂直に下がって、自然な感じがするんですがね~
ご存知の方、教えてください
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。