スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜離宮恩賜庭園を訪ねて

浜離宮庭園は、江戸時代の代表的な大名庭園の一つです。
海水を引き込み、潮の干満によって趣を変えるという庭園は、
今では、ここだけとなっています。

隣りは東京湾なんですよ~
東京湾

海岸沿いの庭園には、海岸性の植物が多く配されています。
代表選手はタブノキ。
タブノキ  冬芽
   立派なタブノキ     来年の準備 ~冬芽~

そして、有名な三百年の松
三百年の松
この松は、今までの歴史を見てきたのでしょう。
お年を召した松は、お手入れが必要 元気なのは庭師さんの努力のお蔭です。
お手入れ
風通しをよくするため、また、必要以上の葉をつけないため、
松葉を1本1本抜いて、手入れをします。

もう一つ多く見られたのはハゼノキ。
ハゼノキ  ハゼノキ実
ハゼノキの実はロウを多く含んでいるので、栄養もありそうです。
カラスが実を食べていました。

八景山から見下ろす潮入りの池は絶景
冬鳥のカモたちが、たくさん休んでいました。
八景山から  潮入りの池
都市の建築と庭園のコラボレーションです

庭園は紅葉も始まり、冬支度も。
モミジ紅葉  雪吊
      モミジ             雪吊

そんな庭園を彩るのは・・・
オトメツバキ  サザンカ 桃色  サザンカ 白
こんな和菓子、見たことないですか~

そして
ツワブキ カラスウリ  ヤブミョウガ
    ツワブキ          カラスウリ          ヤブミョウガ

地味だけど、可愛いね
ムクゲ 出てきたのは可愛い種 種
     ムクゲ

お昼寝から目覚めたのはアオサギです。
アオサギ 羽のお手入れに余念がありません アオサギ

この庭園には、全国で数少ない鴨場が二箇所残されています。
築造は1778年と1791年、かなり古いです。
小覗  大覗

鴨場の池には、引き掘りを設け、小覗から様子を見て、
おとりのアヒルと、カモの餌でおびき寄せ、
土手の陰から網ですくい取るそうです。
取り逃がしたカモは、逃げると他のカモに危険を察知されるため
鷹に追わせて、狩りをさせたそうです。

カモたちの慰霊のため、鴨塚が建てられています。
鴨塚

都会のど真ん中にある浜離宮庭園は、
江戸時代から周囲の環境の変化にも負けずに
こうして、平成の時代まで生き続けました。

ここを守ろうとする人たちがいなければ、
なくなっていたでしょう。

人が植えた植物であっても、土地に合ったものを選び
つくられた中にも一つの生態系を生み出しています。

この自然と歴史が出会う庭園を
これからも守っていくのが
私たちの使命ではないでしょうか。







 








スポンサーサイト

耳を澄まして・・・自然からのメッセージ

東京のある公園
冬を待つ一本のコブシの木が佇んでいた。
コブシ

木の葉はもう少なくなって

木の下には、鳥に運ばれようと待ちくたびれた実が落ちていた。
実

残念だったね。とうとう鳥に運んでもらえなかったんだ。
目立つように垂れ下がろうとしたのに。。。

種

枝にはもう春の準備。葉になる芽も、花になる芽も
北風に吹かれたって大丈夫と言わんばかりに、温かい毛布に包まれている。

葉芽  花芽

もう秋も終わり…ふと、木の葉の裏を見たら、水滴がポタポタ。
あっちの木の葉からも、こっちの木の葉からも。
何だろう?

ツマグロオオヨコバイ

ツマグロオオヨコバイが、葉の汁を吸いながら

整列1  整列2

たくさんたくさん整列して、おしっこしていた。

濡れた木の葉

公園には、私ひとりと
風の音と
おしっこがポタポタ木の葉に当たる音だけ。

不思議な世界だった。
風とおしっこの合奏。


木の葉は落ちて土になる前に
もう一つの仕事を与えられた。
それは、ツマグロオオヨコバイの餌になること。

命を無駄に使わない自然界の掟なのだろう。

命の原則は他の生きものに食べられること。
意味のないものはない。
命は他の命の役に立っている。

自然が私にくれたメッセージ・・・
そんな気がした。





 秋色の奥多摩 川苔山

まだまだ気温は高めですが、山では季節が着実に進んでいます。
週末に奥多摩にある人気スポット、川苔山(かわのりやま)に登りました。

奥多摩は東京都の一部、23区よりずーっと西にあります。
この地域は、東京とは思えないくらい、山、山、山。
日帰りで行ける山が多く、人気があります。

川苔山には、大きな百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)の他、
小さな流れや滝があり、マイナスイオンいーっぱです

前日、たくさんの雨が降り、朝には晴れ気温が上がったせいで、
木の幹から水蒸気が上っていました。だから、クモの巣も不思議な感じ

水蒸気が…  クモの巣
住人をクローズアップしてみましたが、見えますか? 住人


まずは、登りながら紅葉の景色を楽しみました

紅葉の景色  歩きながら  黄葉
黄葉の景色も素敵です

登りの登山道脇には、小さな流れがあったり、小さな滝があったりして
とても気持ちのいい道です。

小さい滝  流れ

湿り気の多い場所なので、コケの種類も豊富
コケ  コケ

いかにも瑞々しくて、心が洗われるような気がします

辿り着いたのは、百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)。とても大きくて水量も豊富
百尋ノ滝
ちょうど、その時、一陣の風が  はいシャッターチャンス

落ち葉が~

山頂までの道はちょっと険しくなりました
そんな時、いろいろな楽しみがあると、楽に登れます
リンドウ  ブナハマルタマフシ  ハウチワカエデ
     リンドウ       ブナハマルタマフシ     ハウチワカエデ
ブドウのマスカットのように見えるのは、ブナの葉についた虫こぶです。
ブナの葉に卵を産んだため、葉っぱは異常に細胞分裂を起こし、こぶができます

山頂に着く頃には、霧が出てきました。
すご~い大パノラマが見えるはずだったんですが、
何も見えなくなり、おまけに寒くなりました

標高たったの1300メートルぐらいの山ですが、
麓と違って、山頂はすっかり冬枯れの様相。寒さが増します
山頂

あまり遅くなると、暗くなるのでこの日は諦めて下山しました。
もう一度来るんだよと山の神様に言われた気分です。

そのおかげで、運よく幻想的な世界に出会いました。
スギ林と霧 
今日のイチオシと長男に褒められた画像です
霧で薄暗くなった道も、黄葉のコアジサイやゼンマイが
道を明るくしてくれるのも、新鮮な経験でした。
コアジサイ  ゼンマイ
    コアジサイ          ゼンマイ
黄色い葉っぱが、こんなに美しいと思えたのは、霧のおかげでしょう

いつもの通り、ゆっくり観察しながら登ったので、
歩く距離の長いこの日のコースは、後半、時間との闘いとなりました。

本当にあと、10分遅かったら真っ暗な山道を歩くことになりましたが、
ギリギリセーフで、ヘッドランプを使わずに下山できました。

山が見せる姿は、季節、天気、時間で全く変わります。
だからこそ、何度登っても飽きることがない世界なんです


     







バドミントン区民大会 初参加

文化の日の今日、まだまだ11月とは思えない気温でした。
本日、文化的な活動とは言えませんが、
念願叶って、バドミントンの区民大会に参加しました。

高校、大学時代は硬式テニスをやっていましたが、
子どもたちが大きくなり、
今になって新しくバドミントンに挑戦したってわけです。
最初は似ているだろうと思って始めたのですが、
始めてすぐ、全然違う競技だと気づきました。

○十の手習いで、若い方とは違いさんのような進歩の仕方です。
教えていただいている先生にも、「まあ、出てみれば?」と言われ、参加。
おばさんになってから始めたので、テニスの癖がそのままです~

同じようにラケットで打ち合うのに
打点も手首の使い方も違うんですよね~
ボールとシャトルの違いなんでしょうか。。

たぶん、今からではそんなに上手くなれないと思うのですが、
未知のものに挑戦する楽しさはあります。

マラソンをやっているのも、
バドミントンをやる時に持久力をつけたいからです。
だから、ハーフとかフルマラソンはこれからも挑戦しないでしょう。
年を取ってから持久力をつけるのって
ホント、難しいです

マラソンなら走り始めてから終わるまで
景色だったり、気持ちだったり思い出せるのですが、
バドミントンは、いろいろ覚えている余裕がありませんでした。

試合は、3ペアの中でリーグ戦。
1位、2位が次のトーナメントに進めます。
で、結果は、当初の目標の1勝に終わりました。
リーグ戦2位通過で、次のトーナメント1回戦で敗れました。
次回はもう1勝して、1位通過できるようにしたいです

パートナーのYIさん、ありがとう
プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。