スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キク科 いろいろ

台風一過の裏高尾に行ってきました。
台風の影響なのか、いつもより湧き出てくる水が多かった気がします。
写真で水の感じが伝わるでしょうか
滴る水

さて、秋の花と言ったら何を思い浮かべるでしょうか?
ヒガンバナ? 秋の七草?
キクという方もいらっしゃるかもしれません。

今日は、裏高尾で見たキク科のお花をご紹介します。
「野菊の墓」から淡い恋を連想するかもしれませんね。

いわゆる野菊  色々あります。
カントウヨメナ  シラヤマギク  
    カントウヨメナ        シラヤマギク

シロヨメナ  ノコンギク
   シロヨメナ         ノコンギク

それぞれ、細かい部分で違いがあるのですが、
ちょっと見るだけではわかりませんね。
種の多様性が世界を豊かにしています
集まる虫たちも多様です
いろいろいるって、心が豊かになる気がします
キク科の魅力をご覧くださ~い

これもモチロン、キク科です。
ヒメシオン  ホソバアキノノゲシ
    ヒメシオン        ホソバアキノノゲシ

似たような花を春に見ませんでしたか?
そう、「ハルジオン(ハルジョオン)」や「ヒメジョオン」
   ジオン、シオン…紫苑   ジョオン…女苑
ハルジオン、ヒメジョオンは北米原産ですが、裏高尾で見たヒメシオンは日本のものです。


これもキク科
アズマヤマアザミ蕾  横顔  正面
アズマヤマアザミです。蕾の緑色の部分はベタつきます
嫌いな虫は来ないで! と防御戦略
受粉を手伝ってくれる虫は大歓迎

まだまだ続きます。これもキク科
ガンクビソウ  コメナモミ  センダングサ
    ガンクビソウ         コメナモミ          センダングサ
センダングサは花が終わっていますが、どれも黄色い花です。

最後に、キク科ではなくこの日のベストセレクション
オオヤマハコベ  ユリワサビ花  ユリワサビ種
  オオヤマハコベ                ユリワサビの花と種
花はハコベですが、株はとっても大きくて背が高い!
ユリワサビはどこにでも生えていましたが、花も種もチャーミングです

そして、昆虫はこれ→エサキモンキツノカメムシ エサキモンキツノカメムシです。
素敵なデザイン
人間のデザイナーに真似できるでしょうか

















スポンサーサイト

PONGA  ~ Silver Fern Tree ~

ニュージーランドはシダ植物の宝庫。
Ponga(silver fern tree)という植物はマオリ人の信仰の対象です。
silver fern
これは、ニュージーランドに行った時に購入したワッペンです


そう! Ponga(silver fern)と言えば、オールブラックス…
ニュージーランドのナショナルラグビーチームの名前です。


サッカーのW杯は大々的に報道するのですが、
ラグビーのW杯は、知らない人が多いですね、残念(>_<)
9月9日にニュージーランドで開幕式があったんです(→アメフトのボールですね…)
日本の初戦相手はフランス、47-21でかつてない善戦
そして、16日(金)はニュージーランド戦でした。
が・・・結果は7-83で完敗
世界ランキング1位のニュージーランドと13位の日本の差です。
球技とはいっても、半分は格闘技のようなスポーツですから、
柔道みたいに重量級に分けた試合があってもいいのかな…なんて思います。

それにしても、オールブラックスはかっこいい
日本を応援してないみたいでゴメンナサイ。


オールブラックスは試合の前に「HAKA」という儀式を行います。
これは、マオリ族の出陣の踊りであり、
ラグビーの試合では、試合開始前に相手を威圧し、
自分を奮い立たせる踊りです。
 (HAKAの言葉はネットなどを参考にさせていただいています)

Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)
Tenei te tangata puhuruhuru(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane!(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)
Whiti te ra! (太陽の光の中へ!)

最初の一行は、なぜか「頑張って頑張って」と聞こえます
HAKAはマオリの信仰から生まれたそうですが、それは省略します。

ニュージーランドは、入植者中心の国になってしまいましたが、
マオリというminorityの文化も大切にしていること
とても嬉しく思います。

スポーツという概念は新しいものですが、
国を背負ってプレイする人たちは
昔から受け継いでいる魂でつながっています。
その象徴がユニフォームのエンブレム。
Pongaと桜のエンブレムを胸に
同じように地震の被害を受けた二つの国に
頑張ってほしいです

梨がきた(*^_^*)

秋がきた  台風がきた  梨がきた

俳句を趣味としている友人から
面白い句を紹介されて、
私もこんな俳句を思いつきましたが
季語が3つも入っているのでNG


9月の初旬に収穫を迎える豊水という種類の梨を
毎年、茨城の梨農家に注文しています。
苦手な夏を乗り切った「ご褒美」の梨です。

夏もそろそろ終わりかと思う頃
台風が関東地方にも近づき
梨の収穫が大変だという話を聞くと
大きな梨が届くのです。

今年もこんなに立派なのが届きました
豊水

決して農家さんから宣伝してほしいと言われたのではありませんが、
本当に美味しいので、ご紹介します。
市場には出ませんので、通信販売でお試しください。

下田梨園さんは、梨へのこだわりをいろいろ持っていらっしゃいます。
一度この梨を食べてしまったら、もうスーパーや果物屋さんの梨は
食べられません
詳しくはのホームページをご覧ください。

下田梨園

原発事故があった後ですから、農家さんはとても気を使って
放射性物質が含まれていないか、検査をされました。

運よく、検査結果は国の基準を大きくクリア
でも、もしも、クリアできなかったら
作物は廃棄なんですよね。

人間の命を維持するために栽培されて大きくなったのに、
人間の過ちで農作物の命が無駄にされるなんて
どこか間違っていませんかね~?

今回の原発事故では、人間だけでなく
たくさんの生き物にも被害をもたらしました。

こうして人間の命のために命を捧げてくれた農作物に
心から感謝して、その命をいただきたいと思います。

梨 豊水
まな板の上に水がしたたり落ちました  まさに 豊水 


今日のバドミントンの練習では、冷やした梨を剥いて
おすそわけすることにしました





プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。