スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の山中湖ロードレース

毎日雨

昨日は、憂鬱な気分を一掃するような

マラソンでした


5月29日、山中湖ロードレースに参加しました

朝は、まだ霧雨だった東京、

マラソンバスが新宿を出発し、時間がたつにつれて

雨が激しく降ってきました

山中湖に到着すると、雨はひどく、しかも寒い

それでも、た~~~くさんのランナーが集まりました

着かえる間に、もう濡れ濡れ

どうせ濡れるからと、雨の中を飛び出し、スタート地点へ。

マラソンランナーの千葉さんも応援に駆け付けてくれました

スタートのピストルと共に出発し、

あっという間に、プールの中にいるみたいになりました。

不思議と、走り出すと寒さを感じず、

汗をかいているのもわからないので、

結構快感でした

一周13.6キロのレースでしたが、

ちょうど真ん中あたりで上り坂が1キロ続きます。

そして、湖が見えてきました。

「あとはくだりだよ~!」と地元の方

雨で視界が悪く、本当なら富士山も見えるはずですが、

残念

私は近くの木や鳥を見ながら走りました

前回より距離が長いですが、余裕があり、

オオヨシキリの声を聴いたり

ミズナラ、カエデ、シデ、サクラなどの

新緑を目に焼き付けて走りました

ゴール手前、左折して中学校の校庭に入るところが

一番キツかったほかは、楽しく走ることができました。

雨のため携帯を持って走らなかったので、写真はありません。

でも、緑がとっても綺麗でしたよ

そして、雨にもかかわらず沿道で

たくさんの地元の方々が応援してくださり感謝です

きっと、走るよりずーっと寒かったことでしょう。

今回の参加賞はこのTシャツ
表 裏

ゼッケンにはもちろん、「がんばろう、ニッポン!」と
書いてあります。
ゼッケン

山中湖から元気を発信

被災地にも届きますように

そして、家に届く今回の記録(タイム)も

ちょっと楽しみ





スポンサーサイト

ドバト vs ハシブトガラス vs ネコ

今回のお話、ちょっと苦手~という方は

スルーしちゃってください。

でも、東京で起こっている自然界?のドラマです


ある公園を歩いていました。

道に鳥の羽が散乱していたので、やられたか…と思い、近寄ると、

1

ドバトの羽と千切れた翼のそばに、ハシブトガラス。
すると、近寄って、食べ始めました

2 4

羨ましそうに、近くで見ているもう1羽のカラス・・・
3 

そんなのお構いなく、ムシャムシャムシャ
5 6

そこへ、地球の生態系の頂点に立つ人間が登場
傘でハトの死体を道から土のあるところへ移動しました~

「まったく! カラスはこういうことするんだから」と。

さすが、人間の登場でカラスは一旦退きました。

が、人間が通り過ぎたのを確認して、再度、お食事です

7 8

あれあれ・・・様子が変

カラスが杭の上に避難し、様子を窺います。

9 10

あっ ネコ登場

11

ネコ vs カラスの闘いが始まりました~

12 13

いくらカラスが怒りを見せても、ネコは動じません。

それどころか、ネコはねころんで、肉に咬みつきました。

そして、カラスは諦めて去っていきました。

めでたしめでたし???

このドラマを初めから見ていたわけではありません。
もしかしたら、初めにハトをゲットしたのは、
ネコだったのかもしれません。

東京の生態系の頂点はネコなのでしょうか?

もちろん、ネコは野生生物ではないので

そんな理論は成り立たないと思いますが・・・









長かった ♪春♪

ここ数日は、東京も汗ばむ気温です。

庭のシジュウカラの子育てが進み、

毎日親鳥たちはせっせと餌を運んでいます。

もう少ししたら、巣立ちのご報告ができるかと。。


ところで、私は息子たちが幼い頃、

よく多摩川に連れて行きました。

河原で見つけたノイバラの種を持ち帰り土に埋めました。

というのは・・・・・

福音館書店から出ている幼児向けの本、

「たくさんのふしぎ」というシリーズの中の

”ノイバラと虫たち” という本が面白かったからなんです。

話の内容は、ノイバラには、多い日で44種の昆虫・クモが

訪れたというものでした。

それで、植えてみたくなりました。

芽生えは簡単でした。しかし、大問題が毎年発生。

せっかく展開してきた葉をニホンチュウレンジバチというハチが

全部食べてしまうのです

このハチはどうやら、親バチが枝に卵を産み、
幼虫は枝を破って出てくるのです。幼虫 
これが出た痕です。痕

一般的にバラには虫がつきやすく、園芸としては殺虫剤を使うことが多いです。

しかし、河原で綺麗に咲いていたノイバラですから、

自然のままにしておきたくて殺虫剤は使いませんでした。

だから、毎年春は丸坊主

来る年も来る年も、その繰り返しでした。

でもでも、今年は違いました。

蕾がついたのです   蕾

そして、花が開きました。この健気なそして、逞しいノイバラを
見てやってくださいませ

ノイバラ 正面 横顔
 美しく咲きました!        正面から        横顔も素敵

しかし、こんなお客さんも…アブラムシ

約15年目にして、やっと種から花を咲かせたノイバラ。

まだまだ、花の数が少なく、集まる虫も少ないのですが、

来年以降に期待をかけたいと思います。

都会の庭ですから、生態系を構成する役者の数が少なくて

ニホンチュウレンジバチが大活躍していたのでしょう。

花を咲かせることができたのは、ノイバラの忍耐力と

生まれ持った生きる力なのでしょうか?

人間にもきっとこんな力が備わっているはずです。

諦めず、勇気をもって、前に進みたいです






早春の戸隠

GWはいかがお過ごしでしたか?

今年のメインは、何と言っても戸隠です。

5月7日から9日まで、戸隠の自然を堪能しました

戸隠山 中社鳥居 トガクシソウ
     戸隠山        中社鳥居        トガクシソウ

天照大神がお隠れになったという戸隠山は、とても険しい山。
隆起でできたため、中腹あたりからホタテなどの貝殻が見つかるそうです。


今年はどこも春の訪れが遅く、戸隠でも森林公園付近は

コブシの花がまだ開花していませんでした。

それでも、ミズバショウは綺麗に咲き始めていました。

ミズバショウ リュウキンカ
  ミズバショウ↑    ミズバショウに混じってリュウキンカが美しい

林の中では、春植物が開花。
スプリング・エフェメラル(春の妖精)と言われる植物です。
樹木の葉が茂る前にいち早く花を咲かせ、
その後、花も葉も消え、休眠する儚い植物です。
その代表が・・・

カタクリ キクザキイチゲ
  ご存知カタクリ!      キクザキイチゲ

キクザキイチゲには、虫が来ています。
林では成虫越冬したチョウも。

クジャクチョウ ?
 たぶん、クジャクチョウ   この子の名前どなたかご存知?

次は、秋の名残と春の訪れ。

向かって左は熊だなです。秋にミズナラの木に登ったクマは、
枝についたドングリを採っては、枝をお尻に敷いていくとか。。
あそこには、クマがいたんだ~

真ん中は、ヤマアカガエルの卵。タピオカみたいです。
親のカエルも近くで鳴いていました

向かって右は、誰かさんの足跡

熊だな ヤマアカガエルの卵 足跡
 
  
例年たくさんいるはずの鳥たちもまだ少ないそうです。

それでも、40種類ぐらいの鳥を見ることができました。

今回初めてお目にかかれたのは、
アオゲラ、コサメビタキ、センダイムシクイ、サンショウクイです。

これは、戸隠で一番多いと言われるアオジです。
梢で気持ちよさそうに囀っていました。
アオジ 誰にプロポーズしているんでしょうね~

最後に芸術作品に挑戦~

緑が池

湖に映った影が、気に入りました








美しい虫たち

新学期になって1か月。

家を離れて大学に通う息子は

体育会のラクロス部に入りました。

ラクロスってどんなスポーツかよくわからないのですが、

これからゲームを見たりして覚えていこうと思います。

母の私は・・・今月末、山中湖マラソン出場予定。


さて、連休中、東京港野鳥公園に行ってきました。

GWの東京港あたりは、渡り途中のシギ・チドリの
中継点になるため、立ち寄る鳥たちに出会うことができます。

チュウシャクシギ・イソシギ・キアシシギ・コチドリ・
メダイチドリを見ることができました。

でも、以前の野鳥公園より、鳥の数が減っているのが気になります。

鳥は遠くにいて私のカメラでは撮影できませんでしたので
ご了承くださいませ。

野鳥公園の入り口からむせ返るような匂いがしてきました。

スダジイ

スダジイの花です。この匂いは昆虫を引き寄せているのでしょう。

公園では花が美しく咲いていましたが、そこに集まる虫たちも美しい

ハエ 
お尻から失礼しました 瑠璃色のお尻が魅力的なハエです。

アカスジキンカメムシ幼虫 
模様が顔に見えるアカスジキンカメムシの幼虫。まだ飛べません。

キバラヘリカメムシ お腹が黄色いキバラヘリカメムシ

ハナムグリ
ハナムグリは花粉に群がります。この花、わかりますか? シュンギクです
私も知りませんでした。

アブの仲間
ミズキの花の蜜を吸いに来たアブの仲間です。

美しく咲く花、匂いを出す花は、虫にアピールしているんですね。

そんな花と虫を、楽しませてもらいました









プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。