スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮間公園

2月の中旬となると、日本で冬を過ごそうと北の国から渡ってきた冬鳥たちが、
帰り支度を始めます。
結婚相手を見つけ、繁殖地へ帰る日を待っているカモやカモメの仲間が
浮間公園にはたくさんいました。
また、一年中日本で過ごす仲間たちも一緒に池で暮らしています。

先週、ロビンは浮間公園で子どもたちとその保護者さんと一緒に
水鳥の観察をしました。

それぞれの体の特徴を観察してから、名前を覚えてもらったり、
色々なしぐさを探しながら、鳥の特徴を観察してもらいました。

浮間公園は、昔は荒川の一部でしたが、河川改修で池になった場所です。
その池をたくさんの水鳥たちが利用しています。

浮島 群れ
人工の浮島は、生き物たちの大切な休息場所。
ブイの向こうに見える粒粒は、み~んな水鳥たちです。(写真はクリックすると大きくなります)

オナガガモ♂ オナガガモ♀ オナガ♀♂
水面に嘴をつけて、餌を口に中に入れています。オナガガモの♂♀が
地上でも、同じように嘴を忙しく動かして、草を食べていました。

ホシハジロ♂ ホシハジロ♀
ホシハジロの♀は羽をお手入れしています。♂の方が派手なのは鳥の世界だけ???

キンクロハジロ♀ マガモ♂ ヒドリガモ
 キンクロハジロ♀      マガモ♂   パートナーを見つけた?ヒドリガモ

東京都の鳥であるユリカモメも、もうすぐ北の方へ飛び立ちます。
ユリカモメ
意外と知らない人が多い・・・ユリカモメは冬鳥です。

そして、これからあとにご紹介するのは、留鳥。一年中日本にいます。
オオバン バン カルガモ カワウ

この広さの池に、こんなにも多くの種類の水鳥がいるなんて
嬉しいです。
でも、なぜこんなにいるか考えると、喜んでもいられません。

野生生物が棲む場所を決めるのは、まず、餌です。
餌がないところには来ません。
この程度の広さの池で、これだけの水鳥を面倒見るほどの餌はないはずです。

観察していると、餌をやりにくる人が多いのに驚きます。
今は、野生生物に餌をやらないよう、自粛する方向なのに。。。

生きものに餌を与えることは一見、いいことのように見えるし、
与えている人もいい気分になります。
でも、よーく考えると、水環境を汚したり、生きものと人との距離を近づけ過ぎたり、
人の食べ物であるパンやお菓子を与えれば、栄養的に問題が出たりします。

私たち人間は、餌を与えて野生生物を生かすのではなく、
彼らが生きられる環境を整備していく必要があるのではないでしょうか。








スポンサーサイト

吾亦紅

            ネットショップ 『繋』 は こちらから 
            モアモール は こちらから

今日のタイトル、何と読まれましたか?

ワレモコウ・・・ですね。
ロビンの「秋の七草に入れたい花」No.1です。
ワレモコウ
きっと、皆さんもご存知の花でしょう。

でも、このことはご存知ないかも…

バラ科の植物・・・・・あのバラには似ていない
枝の先端に花穂が立ち、先端から咲き始める
花弁はなく、4個の萼片がある

草原の風に吹かれて揺れ、秋を感じるのは
遠くからワレモコウを見たとき。

今日は近~~~くで見てみましょう  

ワレモコウの花は、先端から咲き始め、だんだん下へ開花していきます。

先端
この花穂は真ん中より下が開花しています。
つまり、先端部はもう受粉を終えたのではと思います。
雌しべが目立っていますね。

葯
横から見ると、雄しべがよく見えます。

開花
今、この部分が咲き始めたのでは…と思います。
他の部分と違って、萼片は白っぽいです。
先端部分の葯と違って、花粉をためている気がします。

蕾
そして、一番下の部分は蕾。これから咲きます。

こんなふうに、花穂全体が一斉に咲かず
時期をずらして咲くものは多くあります。
時期をずらして咲くことで、
自家受粉(自分の株の中で受粉してしまうこと)を避けていると
言われています。

ワレモコウの一面を知っていただけたでしょうか




セミの羽化

今年もまた、セミの羽化の季節がやってきました。

どこに行っても小鳥たちの囀りが聞こえていたと思ったら、
ヒナが孵って巣立っていき、
知らないうちに、小鳥の囀りからセミの大合唱に代わっていました。
もう少したつと、夜に鳴く虫の声に代わるのでしょう。

夏が嫌いなロビンは、セミの声をきくとウンザリ

でも、セミの羽化を見ると、夏もいいな~と思います(ただし、一瞬)。

今年も地元の公園でセミの羽化の観察会を開催しました。
天使の羽

5~6年もの間、地面で生活し、
地面から出てきたセミは、ヒキガエルや猫やカラスに
狙われます。
その危険を通り抜けたセミだけが、こうして、天使のような羽を
広げ始めます。

頑張って、頑張って・・・やっと出てきたセミ。
天使の誕生

真っ暗な闇の中、白くぼーっと光るアブラゼミの羽は
幻想的。

こんなに一生懸命に羽を広げるまで頑張るセミを見ると、
昼間、うるさいと思う声を聴いても
許してあげたくなる・・・とあるお母さんがおっしゃっていました。

嫌いなものも愛おしく思える・・・命が輝いているからなのでしょう

初夏の皇居東御苑

観察会のための下見に行きました。
朝は大雨でしたが、梅雨の晴れ間
太陽が出ると、とっても暑いです。

今は、目立つ花が一番少ない季節です。
しかし、虫たちの活動はとても活発です

皇居東御苑の大手門手前の草地には
ネジバナという可愛いお花がたくさん咲いていました。
ネジバナ
名前の通り螺旋状にお花が並びます。
小さなお花ですが、アップで見てくださいね
カトレアの花に似ています。こんなに小さくてもランの仲間。
小さな花に訪れるのは小型のハチやチョウ。
その瞬間は見られませんでした。

チョウがヒラヒラ飛んでいます。
止まった先はやっぱりお花。
ベニシジミ  リョウブにナミアゲハ

ラブラブはエサキモンキツンカメムシ エサキモンキツンカメムシ
背中のハートマークがまさにラブラブ

花を愛するのは甲虫も同じ ノリウツギに集まる虫たち
ハナムグリは名前の通り、花に潜って蜜を探します。

体を張って、頑張って枝に見せているつもりかもしれませんが、
ロビンは遠~くから見つけちゃった
シャクガの幼虫ですね。枝の色と全然違うよ~
シャクガ幼虫

皇居東御苑には水辺がたくさんあります。
そのせいか、トンボの種類が多いです。
いいポーズをしてくれたのは、ショウジョウトンボ、チョウトンボ♀、コシアキトンボ♂でした。
ショウジョウトンボ チョウトンボ♀ コシアキトンボ♂

色々な種類の虫たちがいるのは、東御苑が生物多様性に富んでいる証拠です。
そんな場所が東京にあること、そして、この地が開放されたことに感謝したい気持ちです。

花の新宿御苑

皆さん、大変ご無沙汰しております。
ブログに遊びに来てくださった方、
更新が遅くて申し訳ございません

仕事がどんどん忙しくなり…というのが言い訳です

さて、今日は新宿御苑に行ってきました。
はい、仕事です

人気のお花たちが勢ぞろい。

まずは、ハンカチノキ。特徴的な香りで魅了します
原産地は中国の四川省あたり。
ハンカチノキ
ヒラヒラと風にたなびくのは、苞で花弁ではありません。
日本語ではハンカチノキですが、英語ではdove tree(鳩の木)。
案内した方々に聞いたら、「やっぱりハンカチが素敵」とのことでした。

次にラショウモンカズラ。ちょっと奥まったところにありますが、
人気者には、人が集まります。
ラショウモンカズラ 群生していて綺麗です。

そして、日本であまり見ないシナアブラギリ。もちろん原産地は中国。
かつて、油紙や傘の油に使っていたそうです。
シナアブラギリの木 シナアブラギリの花
落ちていたのは雄蕊だけの花。雌蕊だけの花は木に残って実になります。

新宿御苑で一番高いユリノキ。北米原産です。
ユリノキ
高~い木で、花は上につくのでなかなか近くでは見られません。
オレンジが目立つのですが、そこから蜜を分泌しているらしいです。
虫たちに目立つように、でしょうか。

日本庭園ではフジが満開で見ごろでした。
池のほとりの藤棚がすてきでした。
フジ
マメ科のお花はみんなこんな形 フジの花

クライマックスはホオノキです。
山ではユリノキ同様、上を向いて高いところで咲くのでじっくり見ることができません。
新宿御苑では枝が人の腰の位置ぐらいにあり、よーく観察できます。
つぼみ
開き始めた花は、柱頭の先を見せ始めています。
そして見事な開花 ホオノキ

ホオノキはかなり古い時代の植物で、送粉を甲虫類に頼っていました。
だから、蜜は出さず、花粉を提供しているようです。
そして、これもとってもいい香り

今夜は香りに包まれて眠りたい気分です。



プロフィール

J-ロビン

Author:J-ロビン
自然とスポーツを通して出会った生物多様性と人間多様性を大切にしていきたいです。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
☆応援よろしくお願いします☆
おきてがみ
おきてがみ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
リンク
フリーエリア
気になる商品があったら      今すぐGo!
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。